[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走り幅跳び決勝で危険な8m失敗ジャンプに米実況席驚き 踏切板で足滑らせ「オーマイグッドネス!」

ブダペスト世界陸上で24日(日本時間25日)に行われた男子走り幅跳び決勝はまさかのハプニングが起きた。踏み切り板で選手が足を滑らせ、その勢いのままジャンプ。8メートルほど跳んで体ごと砂に落ちた。中継していた米国の実況席からは驚きの声が上がった。

世界陸上・男子走り幅跳びのキャリー・マクラウド【写真:ロイター】
世界陸上・男子走り幅跳びのキャリー・マクラウド【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上で24日(日本時間25日)に行われた男子走り幅跳び決勝はまさかのハプニングが起きた。踏み切り板で選手が足を滑らせ、その勢いのままジャンプ。8メートルほど跳んで体ごと砂に落ちた。中継していた米国の実況席からは驚きの声が上がった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 男子走り幅跳び決勝の3本目。助走でトップスピードに乗ったキャリー・マクラウド(ジャマイカ)は踏み切った際、ラインをオーバーした右足が踏み切り板で滑り、バランスを崩したまま宙に放り出された。8メートルほど跳んで、肩から背中にかけて落下。右足を痛めたのか、本人は苦悶の表情を浮かべた。

 これには米放送局「NBC」のストリーミングサービス「ピーコック」中継内で実況席も仰天した。

 解説者は「オーマイグッドネス! 彼は踏み切りでかなりオーバーしていました。あそこはかなり滑ります。彼がさっと起き上がって良かった」「背面跳びは走り幅跳びでは伝統的ではありません。幸運にもキャリー・マクラウドは大丈夫なようです」と驚きと安堵の声を上げた。

 しかし、ファウルとなった4本目も右足を痛がる素振りを見せていたマクラウド。結果的に2本目に跳んだ8メートル27(追い風0.8メートル)が記録となり、4位で惜しくもメダルには届かなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集