[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍に批判渦巻く大谷翔平の管理体制 MLB番組司会者が問題視した試合「このままでは壊れてしまう」

米大リーグで右肘靭帯損傷と診断されたエンゼルス・大谷翔平投手について、球団の管理体制も一部で批判の的になっている。MLB専門局「MLBネットワーク」の番組では、司会者が「負傷の兆候はあった」とし、7月27日のタイガースとのダブルヘッダーでの起用を問題視した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

MLBネットワークの番組司会者ブライアン・ケニー氏が言及

 米大リーグで右肘靭帯損傷と診断されたエンゼルス・大谷翔平投手について、球団の管理体制も一部で批判の的になっている。MLB専門局「MLBネットワーク」の番組では、司会者が「負傷の兆候はあった」とし、7月27日のタイガースとのダブルヘッダーでの起用を問題視した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 MLBネットワークの番組「MLBナウ」は今回の大谷の悲報を紹介。司会を務めるブライアン・ケニー氏は「ベーブ・ルースでもできなかったことをショウヘイ・オオタニはやってのけた。しかし(負傷の)兆候はあった」と切り出した。

「彼は(投打どちらか)選択しなければいけないかもしれない。彼が偉大な選手であることは分かっている。歴史的なことをやっていることも理解している。しかし彼は一度壊れてトミー・ジョン手術を受け1年半投球から離れている。この調子で使い続けると壊れてしまうと私は言い続けてきた」

 これまでも休みなく出場を続けることを懸念していたというケニー氏。今季についても「3月にはWBCで全力を出した。4月には雨の中の10度のボストンで2回31球を投げた。エンゼルスはその後、中3日で先発登板させたのだ。102球で11奪三振だった。ここでも彼は負傷しなかった」と言及した。

「しかし、黄金のガチョウを働かせすぎることは避けなければいけない。オオタニは鉄人だが、壊れることもある。彼が健康を維持できるように最善を尽くさなければいけない。近代のロードマネージメントは、まさにそれが理由だ」と暗にエンゼルスの管理体制を批判した。

「彼を中5、6日で登板させ続けた。日本でもそうだったから良い起用法だ」としながら、問題視したのは7月27日のタイガースとのダブルヘッダーの起用。第1戦で投手として完封、第2戦で本塁打2本を放ちながら、左脇腹の痙攣で交代した試合だ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集