[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 平野美宇、連続金星で初V王手 国際連盟サイト「再び衝撃」「新星、眩い活躍」

平野美宇、連続金星で初V王手 国際連盟サイト「再び衝撃」「新星、眩い活躍」

卓球のアジア選手権(中国・無錫)は15日、女子シングルス準決勝が行われ、平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク2位の前回覇者・朱雨玲(中国)を3-0で破り、決勝進出。

アジア選手権、世界1、2位を連続撃破の快挙「ハリケーン・ヒラノ、再び衝撃」

 卓球のアジア選手権(中国・無錫)は15日、女子シングルス準決勝が行われ、平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク2位の前回覇者・朱雨玲(中国)を3-0で破り、決勝進出。前日14日の準々決勝で下した世界ランク1位でリオデジャネイロ五輪金メダルの丁寧(中国)に続く連続金星で、初優勝に王手をかけた。国際卓球連盟(ITTF)の公式サイトは「ハリケーン・ヒラノが再び衝撃」と速報している。

「ハリケーン・ヒラノが再び衝撃、ディフェンディングチャンピオンの世界2位・朱雨玲を破る」との見出しで報じた記事では、準々決勝でリオ五輪金メダルの丁寧を破った平野について「旋風を起こす17歳、ミウ・ヒラノは、今日も世界ランク2位の朱雨玲を準決勝で破った。朱雨玲を破った平野の一戦は、人々に驚きを与える3-0という結果だった!」と記述。「驚き」のフレーズを使い、連続金星を伝えている。

「今日勝つことができて、とても、とてもうれしいです。朱雨玲選手はとても手強いですが、そんな彼女を破って決勝に進むことができて興奮しています」

 本人のコメントを紹介し、「日本からの新星は今日、眩いばかりの活躍を見せた」とつづっている。

 一方、敗れた前回覇者の朱雨玲は「最初の3ストロークで上手くプレーできなかった。第2ゲームでリードしている際も、彼女のサーブを上手く受けることができなかった。自分のペースで試合をコントロールするということがとても難しかった。彼女のプレースタイルのせいで、攻撃に転ずることもできなかった」と話したといい、記事では朱雨玲撃破の要因は平野のサーブにあったと分析している。

 また、ITTFのエディターを務めるイアン・マーシャル氏のコメントも紹介し、中国の卓球界に衝撃を与えたことを伺わせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー