[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はPFP1位ならずも… 米ESPNは悩ましい心境吐露「2位にするのは良心の呵責感じる」

7月25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちを収め、4階級制覇を達成した井上尚弥(大橋)。パウンド・フォー・パウンド(PFP)に関する論争も巻き起こった中で、米スポーツ専門局「ESPN」は「井上のパフォーマンスはNo.1の座を主張するのに十分なものだったが、クロフォードが記憶に残る戦いをした」と井上を僅差の2位とした。

4階級制覇を達成した井上尚弥【写真:荒川祐史】
4階級制覇を達成した井上尚弥【写真:荒川祐史】

米スポーツ専門局「ESPN」がPFP最新ランキングを公開

 7月25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちを収め、4階級制覇を達成した井上尚弥(大橋)。パウンド・フォー・パウンド(PFP)に関する論争も巻き起こった中で、米スポーツ専門局「ESPN」は「井上のパフォーマンスはNo.1の座を主張するのに十分なものだったが、クロフォードが記憶に残る戦いをした」と井上を僅差の2位とした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 新階級初戦で難敵を圧倒し、4階級目でもあっという間に2団体のベルトを手にした井上。この時点でPFP1位に推す声も多数挙がっていたが、その5日後に行われた世界ウェルター級4団体王座統一戦でテレンス・クロフォード(米国)がエロール・スペンスJr.(米国)に完勝。世界初の2階級4団体統一を達成したことで流れは「クロフォード1位」に傾き、世界で最も権威ある米老舗ボクシング専門誌「ザ・リング」は31日(日本時間1日)に発表したPFP最新版でクロフォードを1位に選んだ。

 ESPNも8月2日(同3日)に最新ランキングを更新。「7月25日の日本でのイノウエのパフォーマンスはNo.1の座を主張するのに十分なものだったが、クロフォードが記憶に残る戦いをした」と、前回の順位と変わらず、クロフォードを1位、井上を2位とした。

 同局の解説者ジョー・テシトーレ氏は「ナオヤ・イノウエの名人芸と言えるTKO勝利を中継した後、多くのボクシングメディアと同様、私も“ザ・モンスター”を上回って1位になるためには、クロフォードは永遠に記憶に残るような歴代屈指のパフォーマンスをする必要があると公に主張した。そして、クロフォードはそれをやったんだ」と選定の理由を明かした。

 同氏は「イノウエとクロフォードは明らかに世界でトップ2のボクサーだ。(他と)大差をつけている」と2人が抜きん出ていると主張。「クロフォードがイノウエにわずかな差をつけて私の新しいNo.1だ。イノウエは本当に特別なボクサーであり、彼をNo.2とするのは良心の呵責を感じるほどだ」と悩ましい心境を吐露した。

 同局は20人の投票内訳も公表しており、19人がクロフォードを1位に、残りの1人は井上に1位票を投じている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集