[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「驚異的な8イニング」 千賀滉大、8回12Kの7勝目に米メディア称賛の嵐「見事」「輝かしかった」

米大リーグのメッツ・千賀滉大投手は5日(日本時間6日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、8回107球、4安打12奪三振1失点の力投を見せた。チームも9回に2点を奪って2-1と逆転勝利し、今季7勝目(5敗)を挙げた。このピッチングに米メディアから「輝かしかった」「驚異的な8イニング」など称賛の嵐となっている。

ダイヤモンドバックス戦に先発し、8回1失点で今季7勝目を挙げたメッツの千賀滉大【写真:ロイター】
ダイヤモンドバックス戦に先発し、8回1失点で今季7勝目を挙げたメッツの千賀滉大【写真:ロイター】

ダイヤモンドバックスを相手に力投

 米大リーグのメッツ・千賀滉大投手は5日(日本時間6日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、8回107球、4安打12奪三振1失点の力投を見せた。チームも9回に2点を奪って2-1と逆転勝利し、今季7勝目(5敗)を挙げた。このピッチングに米メディアから「輝かしかった」「驚異的な8イニング」など称賛の嵐となっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今季16試合目のマウンドに立った千賀が、圧巻の投球を見せた。初回は2本の安打を許し1死一、二塁の場面を迎える立ち上がりとなったが、ここを遊ゴロ併殺で切り抜けると波に乗る。2回からはストレートに必殺の“お化けフォーク”も織り交ぜながら三振の山を築き、今季最多タイの12奪三振。7回に先頭のウォーカーに本塁打を許したものの、8回1失点でマウンドを降り、9回に味方が逆転したことで7勝目を手にした。

 この力投に米メディアも次々と反応。MLB公式ツイッターが「最長イニング投球で、コウダイ・センガが熟練したパフォーマンスを披露」と伝えれば、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」MLB専門ツイッターも「コウダイ・センガが見事な投球」と速報した。

 また、米ポッドキャスト「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」も「コウダイ・センガは今夜、輝かしかった」と称えれば、米ニューヨーク州地元局「スポーツネット・ニューヨーク」も「コウダイ・センガの驚異的な8イニング」と報じるなど、各メディアから称賛の嵐となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集