[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本ボクシング界の「宝」と呼ばれた比嘉大吾 強打復活KO勝ちの裏に「前と違って大人」の成長

ボクシングのバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(志成)がWBA世界スーパーフライ級3位シリチャイ・タイイェン(タイ)に4回1分34秒KO勝ちした。4度のダウンを奪い、バンタム級での世界挑戦も近づく、2020年12月以来2年半ぶりのKO劇。戦績は27歳の比嘉が20勝(18KO)2敗1分け、32歳のシリチャイが65勝(43KO)5敗。

4回KO勝ちした比嘉大吾【写真:山口比佐夫】
4回KO勝ちした比嘉大吾【写真:山口比佐夫】

バンタム級ノンタイトル10回戦

 ボクシングのバンタム級(53.5キロ以下)ノンタイトル10回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われ、元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(志成)がWBA世界スーパーフライ級3位シリチャイ・タイイェン(タイ)に4回1分34秒KO勝ちした。4度のダウンを奪い、バンタム級での世界挑戦も近づく、2020年12月以来2年半ぶりのKO劇。戦績は27歳の比嘉が20勝(18KO)2敗1分け、32歳のシリチャイが65勝(43KO)5敗。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 地元・沖縄の指笛が鳴り響いた。比嘉はゴジラのテーマソングで入場。2回には右ストレート3連打などでペースを握り、右を効かせた。連打で最初のダウンを奪取。再開後も猛攻を仕掛け、左ボディーで2度目、3回には右ボディーストレートで3度目のダウンを奪った。完全に主導権を握った4回、ボディーに渾身の拳を突き刺し、膝をつかせた。

 10カウントで4回1分34秒KO勝ち。デビューから15戦連続KO勝ちの日本タイ記録を持ち、かつて「日本ボクシング界の宝」と呼ばれた比嘉らしいド派手な試合を見せた。試合後の取材では「久しぶりに倒せましたね。よかったです。会場が盛り上がってよかった」と安堵。パンチ力に自信がついたかという問いには、「どうっすかね」と首を傾げたが、「体重も含めて調整は最後まで順調だった。またこれを積み重ねていきたい」と汗を拭った。

 3月の前戦をバンタム級で初回TKO勝ちしていた相手から4つダウンを奪ったが、狙ったわけではない。強引に倒しに行かず、冷静に見極めながら行けるところで行った。フライ級時代から師事する野木丈司トレーナーから口酸っぱく言われてきたことだ。

 同トレーナーは「慎重に崩しに行っていた。突っ込んでラフになることが練習でも多い。この先を見据えて、割とそこを守れていた」と及第点を与えた。さらに「クレバーだったと思う」と言うと、比嘉も「クレバーに戦えてよかった。いいっすね、『クレバー』って。これからクレバーになります」と笑った。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集