[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の独立リーグに164km右腕出現 衝撃の1球にNPBファン垂涎「猛虎魂を感じる」「デラロサの再来」

日本のプロ野球・独立リーグで驚異の164キロ右腕が出現した。正体は四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの右腕ロドルフォ・マルティネス投手。球団公式ツイッターが紹介するとNPBファンは騒然となり、「手元を離れてからのノビエグい」という驚きの声はもちろん、「猛虎魂を感じる」「デラロサの再来」と贔屓球団への獲得熱望論が噴出している。

164キロを出した徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス(画像は徳島インディゴソックス公式ツイッターより)
164キロを出した徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス(画像は徳島インディゴソックス公式ツイッターより)

徳島の右腕マルティネスが自己最速をマーク「手元を離れてからのノビエグい」

 日本のプロ野球・独立リーグで驚異の164キロ右腕が出現した。正体は四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの右腕ロドルフォ・マルティネス投手。球団公式ツイッターが紹介するとNPBファンは騒然となり、「手元を離れてからのノビエグい」という驚きの声はもちろん、「猛虎魂を感じる」「デラロサの再来」と贔屓球団への獲得熱望論が噴出している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 衝撃の1球だった。24日の愛媛マンダリンパイレーツ戦、6回から登板したマルティネスは先頭初球から160キロ、163キロと160キロ台を連発。そして、カウント1-1からの3球目だった。ダイナミックなフォームから右腕を振り抜くと、うなりを上げた剛速球は外角高めへ。打者のバットは振り遅れ気味に空を切る。なんと球速表示は164キロ。独立リーグはおろか、日本のプロ野球最速166キロ(2021年の巨人・ビエイラ)に迫る球速だった。

 1人目をストレートで空振り三振に斬ると、2人目は落差のある変化球で空振り三振、3人目はスライダーで右飛に抑えた。2イニング目の7回は二塁打、四球で1死一、二塁のピンチを招いたものの、続く打者を159キロ直球で空振り三振と投ゴロに仕留めてピンチ脱出。2イニングを1安打1四球3奪三振で無失点だった。

 29歳のマルティネスはジャイアンツ参加3Aサクラメントでプレーした経歴を持つ右腕で、今季途中から徳島に加入。前期は9試合で1勝1敗、13回1/3、15奪三振、与四球7で防御率2.70という成績だった。この日記録した164キロのストレートを球団公式ツイッターが「緊急 本日の試合でロドルフォ・マルティネス投手が自己最速を更新する“164km/h”を計測 ストレートの平均球速は159.3km/h」と驚きをつづった。

 すると、野球ファンは騒然。「手元を離れてからのノビエグい」「重そうなストレート」「初速から加速してるような錯覚する」「今まで見た球の中で一番速いと思う」と驚きの声が上がり、「低めに投げられるか、あとフォークとか変化球があるかやね」と課題を指摘する声も。

 一方で「各球団調査しそうな予感」「風貌からも猛虎魂を感じる」「仙台を救ってください…!!」「北の大地で輝こう」「阪神クローザー空いてるよ!」「タマスタで夢を叶えないか?」「これは星の煌めきを感じる」「デラロサの再来」など各球団のファンから獲得を期待する声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集