[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

報道陣からも失笑漏れた王者フランコの3.1kg超過 海外識者は「ネリと同じ永久追放では」と辛辣

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、挑戦者の前WBO同級王者・井岡一翔(志成)は52.0キロでパスしたが、王者ジョシュア・フランコ(米国)は55.2キロと大幅に超過した。再計量も55.0キロで、結局2.9キロの超過となり王座剥奪。海外メディアの関係者からも「彼が勝ったら、ルイス・ネリのように日本での永久追放処分を受けるのではないだろうか」などと厳しい声が上った。

前日計量の会見で笑顔をみせるジョシュア・フランコ【写真:浜田洋平】
前日計量の会見で笑顔をみせるジョシュア・フランコ【写真:浜田洋平】

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ前日計量

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、挑戦者の前WBO同級王者・井岡一翔(志成)は52.0キロでパスしたが、王者ジョシュア・フランコ(米国)は55.2キロと大幅に超過した。再計量も55.0キロで、結局2.9キロの超過となり王座剥奪。海外メディアの関係者からも「彼が勝ったら、ルイス・ネリのように日本での永久追放処分を受けるのではないだろうか」などと厳しい声が上った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 見守った報道陣、関係者も失笑した。午後0時22分、計量台に乗ったフランコはリミットを3.1キロ上回る55.2キロと大幅超過。会場は騒然となった。井岡は52.0キロで一発クリア。その後、午後2時10分頃にフランコは再計量。2度量り、55.1キロと55.0キロだった。2時間弱で200グラムしか変わらず。本人の申し出により、午後2時22分の制限時間まで残り9分でギブアップを宣言した。計量失敗により、王座剥奪が決まった。

 日本開催の世界戦では、2018年3月にWBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がリミット53.5キロを2.3キロオーバー(再計量は1.3キロ)。フランコの3.1キロはネリを超える史上最悪のオーバーだ。ツイッター上には海外メディア関係者から厳しい声が書き込まれた。

 プロボクサーの戦績を掲載する海外専門サイト「boxrec」の米主任編集者のグレイ氏は「フランコに至るまで、長いこと計量での大惨事は見ていなかった。彼が勝ったら、ネリのように日本での永久追放処分を受けるのではないだろうか」と指摘。米専門誌「ザ・リング」などに寄稿するオーストラリア人ライターのアンソニー・コックス氏は「ボクシングとは規律が全て。兵法だ。好例がフランコ」と皮肉を記した。

 米著名ボクシングジャーナリストのダン・ラファエル氏も「速報:フランコが大幅に体重超過し、WBAのタイトルを剥奪された」と驚きをもって伝えるなど波乱の展開に。試合は王座決定戦として開催する方向で、井岡が勝てば王座獲得、負ければ空位のまま。フランコのギブアップ後に両陣営でルールミーティングを実施し、フランコのみ当日計量を24日午前10時に都内で実施することになった。リミットは130ポンド(58.97キロ)。オーバーした場合、再び2時間の猶予が与えられる。

 再計量前の会見では、井岡は「僕の気持ちは変わらない。明日リングに上がってやることをやるだけ。(相手への怒りは)全くないです」と冷静だった。一方、フランコは会見中に笑顔も見られ、減量に余裕があった様子。「明日の試合はいろいろありましたが、できることはやったので楽しみにしてます。日本という国は大好き。リマッチで戻って戦えて嬉しく思う」と悪びれる様子はなかった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛本部事務局長は再計量後に取材に応じ、「規定では(制限体重の)3%以上のオーバーは1年」とボクサーライセンスの停止期間を明かした。しかし、あくまでJBCルールのため、国内でしか適用されない。今後、JBC内で協議されてから処分が決まる見通しという。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集