[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔「正々堂々とやっている」 大麻成分検出、王者フランコ3.1kg超過の騒動続き

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、挑戦者の前WBO同級王者・井岡一翔(志成)は52.0キロでパスしたが、王者ジョシュア・フランコ(米国)は55.2キロと大幅に超過した。フランコには2時間以内の猶予が与えられる。井岡は大麻成分検出騒動後初の公の場となり、会場はピリピリムードが漂った。戦績は34歳の井岡が29勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)1敗3分け1無効試合。

前日計量に臨んだ前WBO同級王者・井岡一翔【写真:浜田洋平】
前日計量に臨んだ前WBO同級王者・井岡一翔【写真:浜田洋平】

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ前日計量

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)タイトルマッチ12回戦が24日、東京・大田区総合体育館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、挑戦者の前WBO同級王者・井岡一翔(志成)は52.0キロでパスしたが、王者ジョシュア・フランコ(米国)は55.2キロと大幅に超過した。フランコには2時間以内の猶予が与えられる。井岡は大麻成分検出騒動後初の公の場となり、会場はピリピリムードが漂った。戦績は34歳の井岡が29勝(15KO)2敗1分け、27歳のフランコが18勝(8KO)1敗3分け1無効試合。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 会場は独特の緊張感に包まれた。この日は正午開始の予定だったが、フランコ、井岡ともに会場入りが遅れ、2人とも午後0時5分過ぎに到着。予備検診を済ませてから計量に臨んだ。先に計量台に上がったのはフランコ。笑顔で登壇したが、乗った瞬間に「オーバー」と伝えられ、計量結果は3.1キロ超過の55.2キロで大幅にオーバーした。一方、井岡は52.0キロで胸を張った。

 フランコには2時間の猶予が与えられ、この間は何度でも再計量ができる。しかし、残りの体重を落としに行くことはなく、その後は試合が成立する前提で井岡とともにグラブチェックに臨み、会見にも残った。フランコが2時間以内に再計量をクリアできなければWBAルールでは王座剥奪。試合が行われる場合、井岡が勝てば王座獲得、負ければ空位のままとなるが、当日計量の有無など詳細は両陣営のルールミーティングで決定される。

 井岡は「今日まで非常に充実した気持ちでここまで来られた。多くのサポートのおかげで最高のコンディションに仕上がっている」とコメント。「今回、ダイレクトリマッチを選択して必ず勝って王者にならないといけない試合。ボクシング人生の生きざま、去年の大晦日を超える試合を見せたい」と意気込んだ。

 フランコが大幅超過したが「僕の気持ちは変わらない。明日リングに上がってやることをやるだけ。(相手への怒りは)全くないです。自分のやるべきことをやって、チーム、サポートしてくださる人とここに来られた」と冷静。大麻成分検出の騒動については「明確にいつ聞いたかという日にちは覚えていないけど、思うのは自分がボクシングと向き合って、自分に嘘をついていない。応援してくれる方にも真摯に向き合っている。そこに嘘はなく、正々堂々とやっている」と語り、こう続けた。

「以前にもこういうことがあって、JBCとの関係も収束していない。でも、この試合を実現させるためにベストを尽くして、勝利して正義が勝つことを証明しないといけない。まずは明日リングに上がれることを信じてやっていくだけ。コンディションを作れていないのは相手だけ。僕はベストを尽くしている。相手がどうであれ、僕はベストを尽くすだけ」

 WBO王者だった井岡は、昨年大晦日にWBA王者フランコとの王座統一戦で引き分け。同級1位・中谷潤人(M.T、現WBO王者)との指名試合の義務があったが、WBO王座を返上し、フランコとのダイレクトリマッチ(直接の再戦)を選んだ。しかし、大晦日の試合前に行われたドーピング検査で、井岡の尿検体から大麻成分のTHC代謝物「THC-COOH(Carboxy-THC)」が検出された。

 禁止物質の発覚以降、国内の統括機関である日本ボクシングコミッション(JBC)と一貫して潔白を主張する井岡陣営はやり取りを交わしてきたが、JBCは6月21日になって検出の事実を発表した。ただし、世界ドーピング防止機構(WADA)の基準を下回る尿中THC-COOH濃度の閾値だったため、今回の興行は予定通り開催される。

 井岡は2020年大晦日の田中恒成戦のドーピング検査でも、大麻成分などの禁止薬物に陽性反応を示した。しかし、JBCの検体管理方法に不備などがあり、処分はされなかった。井岡は日本人唯一の世界4階級制覇を達成。日本人最多の世界戦通算20勝を誇る。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集