[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【パンパシ水泳】萩野公介「東京五輪へ向け、一つの転機に」 “金なきパンパシ”に得た戦績以上の収穫

11日に行われた競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)男子200メートル個人メドレーで、日本の2枚エースは400メートル個人メドレーに続いてまたしても好敵手のチェイス・カリシュ(米国)に歯が立たなかった。

萩野公介【写真:Getty Images】
萩野公介【写真:Getty Images】

カリシュに完敗「タイムと成績は褒められたものではないけど…」

 11日に行われた競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)男子200メートル個人メドレーで、日本の2枚エースは400メートル個人メドレーに続いてまたしても好敵手のチェイス・カリシュ(米国)に歯が立たなかった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 昨夏の世界選手権(ブタペスト)で400メートル個人メドレーとの2冠に輝いたカリシュの優勝タイムは、当時をしのぐ1分55秒40。400メートル個人メドレーで銀メダルを取った萩野公介(ブリヂストン)が1分55秒66で3位、同3位の瀬戸大也(ANA)は1分57秒36で4位に終わり、今大会3つ目のメダルを逃した。

「(大声援の)素晴らしい環境の中で100%の力を出すことに集中したけど、最後は苦しかった。悔しい」

 萩野はスタートダッシュを仕掛け、バタフライでトップの25秒01。カリシュに0秒43差で背泳ぎに入ると、ここでも勢いを持続して54秒09で半分を終える。ライバルに0秒49差をつけて3種目めに移行したが、ここで平泳ぎを得意とするカリシュにまくられ、最後の自由形でも失速してしまい、王者に1秒11差の3位で今大会のレースを終えた。

 銀と銅のメダルを取って面目を保ったが、戦績以上の収穫を得たという。「タイムと成績は褒められたものではないけど、東京五輪へ向け、一つの転機になった大会だった」と含蓄ありげな言葉を放った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集