[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、暴走したギャングの孫との大乱闘に米ファン呆れ「ただただ酷い」「クレイジー」

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州でエキシビションマッチを開催した。今回の対戦相手は有名なギャングの孫で、プロ格闘家のジョン・ゴッティ3世(米国)だったが、セコンドが入り乱れての大乱闘に発展。リングサイドからの動画が公開されると、米ファンからは「恥ずべきイベント」「これは酷い」「こいつはかなりクレイジーだ」などと呆れたコメントが寄せられている。

フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

米フロリダ州で行われたエキシビションマッチで相手が暴走

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州でエキシビションマッチを開催した。今回の対戦相手は有名なギャングの孫で、プロ格闘家のジョン・ゴッティ3世(米国)だったが、セコンドが入り乱れての大乱闘に発展。リングサイドからの動画が公開されると、米ファンからは「恥ずべきイベント」「これは酷い」「こいつはかなりクレイジーだ」などと呆れたコメントが寄せられている。


【注目】「足の運びが…軽い!?」 膝の負担軽減、ワコールのスポーツタイツを試したら感動! 秘密は生地にアリ(W-ANS ACADEMYへ)

 リング上で両陣営が入り乱れた。8ラウンド制で行われたエキシビションマッチ。6ラウンド途中でレフェリーがストップをかけ、終わったかに見えた。しかし、ゴッティ3世はレフェリーの制止を振り切り、左右のフックを繰り出しながらメイウェザーに突進。メイウェザーも左フックを放つなど応戦した。すぐにセコンドが2人の間に割って入ると、メイウェザー陣営も次々とリングイン。ゴッティ3世に詰め寄ると、20人ほどが鈴なりになってコーナーに追い詰めた。

 米スポーツ専門局「ブリーチャー・レポート」は、「6ラウンドの序盤、2人がトラッシュトークを止めなかったため、(レフェリーのケニー)ベイレスが止めに入ったが、ゴッティはゴングが鳴った後もメイウェザーに向かって野蛮な強打を振るい始めた」と経緯を説明。「両陣営がリングに突入し、そこからカオスが勃発した」と大乱闘の場面を描写している。

 この騒動をリングサイドから捉えた動画を米メディア「オーバータイム」がツイッターに投稿。「フロイド・メイウェザーVSジョン・ゴッティ3世の戦いでの完全なカオス」と文面に添えた。米ファンからは「これは恥ずべきイベント、ただただ酷い、全てが完全なまがい物だ」「これは酷い!」「こいつはかなりクレイジーだ」「何が起こったんだ」「WWFのよう」などと呆れた様子のコメントが集まった。

 米メディア「スポーティング・ニュース」によると、ゴッティ3世は2017年にMMAのプロとなり、5連勝でキャリアをスタートさせたが、2020年に初黒星。その後はボクシングに転向し、1月にKO勝ちするなど2勝を挙げているという。また、「祖父のジョン・ゴッティは20世紀の最も悪名高いギャングスターの1人。ブロンクス生まれで、アメリカのマフィア史上で最もパワフルなグループの1つであるニューヨーク拠点のガンビーノ一家のボスだった」と出自についても触れている。

 ちなみに今回について「ブリーチャー・レポート」は「メイウェザーは5ラウンドまで楽々と進め、トラッシュトークを飛ばしながらゴッティにパンチを浴びせる中、汗もほとんどかいていないように見えた」と楽勝ムードだったと言及。「このファイトは正式には判定されなかったが、MMAファイティングは5ラウンド全てをこの46歳(メイウェザー)優位とスコアした」としている。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ICHIROシグネチャーモデル
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集