[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【パンパシ水泳】瀬戸大也、ライバルに敗れ銅メダルも収穫を強調する理由「あのくらいでないと…」

【パンパシ水泳】瀬戸大也、ライバルに敗れ銅メダルも収穫を強調する理由「あのくらいでないと…」

競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)は9日に開幕。第1日は日本人選手のメダルラッシュに大いに沸いた。中でも観客の耳目を集めたのがすご腕の3人でしのぎを削った男子400メートル個人メドレーだ。

瀬戸は400m個人メドレーでカリシュ、萩野に続く3位に終わった【写真:Getty Images】
瀬戸は400m個人メドレーでカリシュ、萩野に続く3位に終わった【写真:Getty Images】

最注目の男子400m個人メドレー、瀬戸はカリシュ、萩野に続く3位

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)は9日に開幕。第1日は日本人選手のメダルラッシュに大いに沸いた。中でも観客の耳目を集めたのがすご腕の3人でしのぎを削った男子400メートル個人メドレーだ。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 7月の全米選手権で今季の世界最高タイム、4分08秒25を記録したチェイス・カリシュ(米国)に、5月のジャパンオープンで4分08秒98を出した瀬戸大也(ANA)とタイム的には今季不調ながら、4分10秒69で4月の日本選手権を制した萩野公介(ブリヂストン)という3人の役者が顔をそろえたのだから、初日から注目度は高かった。

 そんな3人の中で最も熱視線を浴びていたのが5レーンの瀬戸で、最初のバタフライからいきなり飛び出した。バタフライは、昨夏の世界選手権(ブタペスト)男子200メートルで3位に入った得意種目でもある。続く平泳ぎでも首位を堅持。しかし「平泳ぎが終わったときはもうバテバテで、ペースが落ちてしまった」と言い、最後の自由形に入る直前にカリシュに首位を譲った。さらにラスト5メートル付近で萩野にもかわされ、狙っていた金メダルには届かなかった。

 それでも瀬戸のアグレッシブな泳ぎは、可能性を感じさせたばかりか、目標に向かって強欲に挑む求道者のようにも思えた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー