[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花、3連覇逃し涙ぐむ 60m届かず2位「日本人に負けてはいけないと思っていた」【日本選手権】

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げ決勝では、昨夏の世界選手権で銅メダルを獲得した日本記録保持者・北口榛花(JAL)が59メートル92で2位。3連覇はならず、試合後のインタビューでは涙ぐむ姿も見せた。斉藤真理菜(スズキ)が61メートル14で優勝した。

優勝者の斉藤真理菜とハグで健闘をたたえ合う北口榛花【写真:奥井隆史】
優勝者の斉藤真理菜とハグで健闘をたたえ合う北口榛花【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げ決勝では、昨夏の世界選手権で銅メダルを獲得した日本記録保持者・北口榛花(JAL)が59メートル92で2位。3連覇はならず、試合後のインタビューでは涙ぐむ姿も見せた。斉藤真理菜(スズキ)が61メートル14で優勝した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 雨の降る中での競技。1投目に59メートル92をマークしてトップに立つも、その後は記録を伸ばせなかった。インタビューでは「日本人には負けてはいけないと思ってやっていたので悔しい。一つの結果なので次の試合に向けて頑張りたい」と涙ぐんだ。

 記録が出なかった要因として「大会記録を投げたくて、ずっとそればかり気にしていた。気持ちが前のめりになって、自分の良さである体の大きさ、しなやかさを使えなかった」と振り返った。

 8月の世界選手権の代表には内定している。「まだ2か月あるので、試合をしながら、揉まれながら頑張りたい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集