[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、異次元ぶっちぎりの1500m優勝「世界に通用するロングスパートを」 14年ぶりV4達成

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1500メートル決勝では、3連覇中の23歳・田中希実(New Balance)が4分8秒29で優勝。日本選手権ではこの種目、14年ぶりとなる4連覇を達成した。今大会は各種目で3位以内に入り、参加標準記録をクリアした選手は代表入り。田中は今大会前の時点で同記録4分03秒50を切っていなかったが、今回のレースでも届かなかった。

女子1500メートル決勝、後続を大きく引き離して走る田中希実【写真:奥井隆史】
女子1500メートル決勝、後続を大きく引き離して走る田中希実【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が2日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1500メートル決勝では、3連覇中の23歳・田中希実(New Balance)が4分8秒29で優勝。日本選手権ではこの種目、14年ぶりとなる4連覇を達成した。今大会は各種目で3位以内に入り、参加標準記録をクリアした選手は代表入り。田中は今大会前の時点で同記録4分03秒50を切っていなかったが、今回のレースでも届かなかった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 雨が降りしきる中でのレースは序盤、薮下が先頭で走る展開。しかし田中は残り2周となったところで猛然とペースアップ。後続を大きく引き離して一人旅となった。ラスト一周となってペースをさらに上げ、ぶっちぎりで優勝。ラスト1周は60秒台、他を全く寄せ付けない異次元のレースだったが、参加標準記録に届かなかったため世界選手権の代表内定とはならなかった。田中は4日の5000メートル決勝にも出場する。

 競技後のインタビューで田中は「あいにくの天気だったけれど、たくさんの方が応援に来てくださって、スタート前も気持ちを高められた」とコメント。「ラスト400メートルを60秒を切りたい気持ちがあった。世界に通用するロングスパートを披露したい気持ちもあった」とも話した。

 過去に日本選手権の女子1500メートルで4連覇したのは、09年吉川美香(翌年に5連覇)のみ。田中は4日の5000メートル決勝にも出場し、史上初となる両種目での2年連続2冠が懸かっていた。

 昨年7月のオレゴン世界陸上は800メートル、1500メートル、5000メートルで日本人初の個人3種目に出場。今年4月からNew Balance所属となり、プロ転向した。今季は1500メートルと5000メートルの2種目を軸に練習。3分59秒19の日本記録を持ち、東京五輪8位入賞した1500メートルは5月21日のセイコーゴールデングランプリ(GGP)を4分11秒56で制し、今大会予選は4分15秒19で全体トップ通過していた。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集