[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、1500mでセイコーGGP優勝 東京五輪快挙の種目で4分11秒56、4月にプロ転向

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が21日、神奈川・日産スタジアムで行われ、女子1500メートルでは3分59秒19の日本記録を持つ23歳・田中希実(New Balance)が4分11秒56で1位だった。東京五輪8位入賞の快挙を果たした種目。8月にはブダペスト世界陸上が行われる。

女子1500メートル、猛ダッシュで振り切って優勝した田中希実【写真:奥井隆史】
女子1500メートル、猛ダッシュで振り切って優勝した田中希実【写真:奥井隆史】

セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が21日、神奈川・日産スタジアムで行われ、女子1500メートルでは3分59秒19の日本記録を持つ23歳・田中希実(New Balance)が4分11秒56で優勝だった。東京五輪8位入賞の快挙を果たした種目。8月にはブダペスト世界陸上が行われる。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 田中が仕掛け、勝ち切った。序盤は中団に位置する展開。徐々に前に出ると、残り2周を切ったところから先頭に近い位置まで上げた。ストレートで先頭に出ると、残り400メートルで急加速。勝負を仕掛け、あと200メートルでジョーンズ・ダニエル(米国)の猛追を受けた。猛ダッシュで振り切って優勝。勝負どころの強さを見せた。

 田中は4月からNew Balance所属となり、プロ転向した。4月下旬から米国でレースを2つ転戦。標高2000メートルほどの米フラッグスタッフ、御嶽山で高地合宿を積んで今大会に臨んだ。

 昨年オレゴン世界陸上は800メートル、1500メートル、5000メートルで日本人初の個人3種目に出場。今季は1500メートルと5000メートルの2種目を軸にし、2週間後に迫った日本選手権も同2種目にエントリーした。今大会前の時点で、ブダペスト世界陸上の1500メートルの参加標準記録4分03秒50は切っていなかった。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集