[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山下美夢有、7打差圧勝Vも照れ笑いの理由「カッコよく決めたかった」 ラストの“締め”に失敗

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは21日、愛知・中京GC石野C(6573ヤード、パー71)で最終日が行われ、首位で出た昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)が6バーディー、ボギーなしの65で回り、通算18アンダーでツアー通算8勝目を挙げた。2位に7打差をつけての圧勝。優勝会見では「ギャラリーが多くてびっくり。凄いパワーをもらえた」と応援に感謝した。

ブリヂストンレディスでツアー通算8勝目を挙げた山下美夢有【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディスでツアー通算8勝目を挙げた山下美夢有【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディスでツアー通算8勝目

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは21日、愛知・中京GC石野C(6573ヤード、パー71)で最終日が行われ、首位で出た昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)が6バーディー、ボギーなしの65で回り、通算18アンダーでツアー通算8勝目を挙げた。2位に7打差をつけての圧勝。優勝会見では「ギャラリーが多くてびっくり。凄いパワーをもらえた」と応援に感謝した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 カッコいい最後の“締め”には失敗し、思わず白い歯がこぼれた。山下は最終18番、入れればバーディーのウイニングパットを外した。グリーン上で、遠めに見ても分かるスマイルを一呼吸おいて浮かべる。見守ったギャラリーが微笑ましい雰囲気で包まれた後、パーパットを決めると大きな祝福の拍手が送られた。

 出だし1番パー4で6メートルのバーディーパットを沈め、4番パー3では第1打をピンそば30センチにピタリ。その後もボギーなしと抜群の安定感で、2位に7打差をつける圧勝だった。優勝会見では「やっと自分らしいプレーができた。今日はチャンスにつく回数も多かった」と喜びを語った。

 前週のRKB×三井松島レディスでは岩井明愛、千怜の双子姉妹とプレーオフを戦い、優勝した千怜に惜しくも敗れた。試合後の取材対応では涙も見せていた。「悔しい思いはあったけれど、終わったことなので」。自宅に戻り、家族と話す中で次に向かえた。「あまり悪いことを考えないように。失敗したショットを次どうしていくか」。かつては苦手だった切り替えの上手さが、トップで戦う自身を支えている。

 入場者5902人が集った最終日。トロフィーを受け取った優勝スピーチで、最後のシーンについては照れ笑い。「カッコよく入れたかったんですけど外してしまって……次に優勝するときは、カッコよく決めて終われるように日々頑張りたいと思います」。これでメルセデス・ランキングも首位に浮上。理想的な優勝パットを沈める日はすぐ近くかもしれない。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集