[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の底知れぬ体力と準備に感銘 「私は登板後3、4日は…」219勝大投手が実体験から絶賛

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が19日に公開されたMLB専門局「MLBネットワーク」の番組で特集され、レッドソックスなどで通算219勝を挙げ、サイ・ヤング賞を3度受賞した往年の名投手ペドロ・マルティネス氏が絶賛した。ブルワーズなどで通算1057試合登板した鉄腕ダン・プリーサック氏をゲストに招き、投手・大谷について議論が行われ、ペドロ氏は自身の現役時代の体験から二刀流の底知れぬ体力と準備に驚きを示した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ペドロ・マルティネス氏「何よりも感銘を受けるのは彼の準備」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が19日に公開されたMLB専門局「MLBネットワーク」の番組で特集され、レッドソックスなどで通算219勝を挙げ、サイ・ヤング賞を3度受賞した往年の名投手ペドロ・マルティネス氏が絶賛した。ブルワーズなどで通算1057試合登板した鉄腕ダン・プリーサック氏をゲストに招き、投手・大谷について議論が行われ、ペドロ氏は自身の現役時代の体験から二刀流の底知れぬ体力と準備に驚きを示した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 番組の冒頭で、司会のグレッグ・アムシンガー氏が大谷の被打率の低さを特筆した。現在53イニング26安打、シーズン207イニング102安打というペースを紹介し、画面上では「200イニング以上投げた投手が許した最も少ないシーズン安打数」が掲載。1位はマックス・シャーザーの200回2/3で126安打(2017年)、2位はスタジオにいるペドロ氏の217回で128安打(2000年)と紹介された。

 彼らの記録を投手を務めながら超え、史上初めて「200イニング以上を投げて100安打未満に抑える投手」になる可能性を問われたペドロ氏は「ただただ信じられないと思います。ここで出された数字は、全然知りませんでした」と第一声。「想像するのは難しいことです。なぜなら私も先発投手だったからです」と同じ立場として驚きを隠さず、強調したのは二刀流でこれだけの成績を残している凄みだった。

「ダン(パトリック氏)、あなたはどうだったか分からないけど、私は登板した後の最初の3日、いや4日は不活発な日でした。私にとって一番楽な日は登板する日です。やるべきことは、グラウンドに行って、ウォームアップして、腕や足をストレッチして、マウンドに行って9イニング投げることだけですから。登板翌日に感じるほどの疲労感は感じませんでした。2日目には足をやったり、体幹をやったり、1時間走ったりしなければいけません」

 登板後は疲れが残り、軽い調整に終始した経験を明かしたペドロ氏は「何よりも感銘を受けるのは、彼がどのように準備しているのかということ」と強調した。

「ア・リーグには数多くの素晴らしいチームがありますが、彼らと7回、8回、9回まで戦うために準備しないといけません。同時に毎日出場して、ベースを走り回るために準備をする必要もある。ちょうどハイライトで見ましたが、投手はオオタニに走り勝つチャンスは全くなかった(18日のオリオールズ戦の内野安打)。これが毎日のこと。しかもバットも振るし、走塁するし、全てのことをやっている。先発投手で投げ、打者で出場するなんて、どうトレーニングしているのか興味深いです」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集