[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の底知れぬ体力と準備に感銘 「私は登板後3、4日は…」219勝大投手が実体験から絶賛

ペドロ氏「彼が使わないといけないエネルギー量は現実離れ」

 これを受け、プリーサック氏も前回15日(日本時間16日)の7回5失点だったオリオールズ戦を例に出し、「100球近く投げて、何本か本塁打を許し、失点を許しました。降板したと思ったら、重要なヒットを打つんです。降板した後に、決勝点を挙げるのです。あなた(ペドロ)は分かるでしょう」と投げかけ、続けた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

「ピッチングにかなり集中した後、降板してダグアウトに座ったら、今日はここまで、と深くひと息つくものです。彼はそこからまた打席に立たなければいけません。完全にリラックスすることはできません。登板した後にも、打席に立って世界最高級の投手と対戦しないといけませんから。エンゼルスは彼に打席に立って重要な一打を打つことを求め、しかも彼はそれをやってしまうのです。どうやってやっているのか分かりません」

 ペドロ氏もこれに同調。「ピッチングはかなりのエネルギーを使います。先発するときはやるべきことにかなり集中しなければいけません。オリオールズ戦のように、苦労しながらも投げ抜かないといけないのです。そこで終わらないのです。完璧な球を投げ、試合をうまく切り抜けるために全てのエネルギーを費やします。オリオールズのようなチームはあなたの頭を悩ませます。ヤンキースも、ブルージェイズも」と強敵相手にやってのけていることに驚いた。

 その上で、ペドロ氏は「彼はそんなチームを相手に7回、8回戦わなければいけません。そして、すぐにダグアウトに行ってバットをつかみ、ベースを走り回り、投手が何を投げようとしているのか読まないといけません。彼が使わないといけないエネルギーの量は現実離れしています」と唸っていた。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集