[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にMLBドラ1後輩が持つ敬意 お辞儀ポーズ話題、名手との共演は「いつか我が子に語れる」

米大リーグで大谷翔平投手が所属するエンゼルスで、25歳のミッキー・モニアック外野手が躍動している。今季初出場となった13日(日本時間14日)のガーディアンズ戦で先頭打者アーチを含む3安打をマーク。3試合目となった16日(同17日)のオリオールズ戦も今季2号となる先頭打者弾を放った。かつてMLBドラフト全体1位で指名された逸材は、大谷翔平投手、マイク・トラウト外野手らスター選手とプレーすることについて「いつか自分の子どもに語れることだよ」と敬意を示した。

エンゼルスのミッキー・モニアック【写真:Getty Images】
エンゼルスのミッキー・モニアック【写真:Getty Images】

今季初出場以降、躍動している25歳のミッキー・モニアック

 米大リーグで大谷翔平投手が所属するエンゼルスで、25歳のミッキー・モニアック外野手が躍動している。今季初出場となった13日(日本時間14日)のガーディアンズ戦で先頭打者アーチを含む3安打をマーク。3試合目となった16日(同17日)のオリオールズ戦も今季2号となる先頭打者弾を放った。かつてMLBドラフト全体1位で指名された逸材は、大谷翔平投手、マイク・トラウト外野手らスター選手とプレーすることについて「いつか自分の子どもに語れることだよ」と敬意を示した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 いきなり球場に快音を響き渡らせたのは「1番・右翼」で出場した16日の敵地オリオールズ戦。初回先頭のモニアックが右腕ディーン・クレーメルの5球目を強振すると、打球はライトへグングンと伸び、そのまま右翼席へと吸い込まれた。場内を静まり返らせる、飛距離408フィート(約124メートル)の2号ソロだった。さらにボルチモア遠征4連戦ラストなった18日(同19日)も3打数1安打を記録。試合前のベンチで大谷がモニアックの「ミッキー」の名前にかけ、ミッキーマウスのポーズを取り、モニアックは日本風のお辞儀を大谷に返す、挨拶ポーズも話題になった。

 25歳のモニアックは2016年のドラフトでフィリーズから全体1位指名を受けて入団した逸材。2020年にメジャーデビューし、昨年エンゼルスにトレードで移籍した。今季は13日の敵地ガーディアンズ戦で初出場し、いきなり本塁打を放ってシーズンの好スタートを切った。金髪を短く刈り上げた好青年は16日の試合前に声をかけると、快く取材に応じ、「昨年に比べれば怪我もなく、間違いなくより快適にプレーできている」と手応えを口にした。

 かつて2015年のU-18ワールドカップ(W杯)で米国代表として甲子園でプレーした経験もあるモニアック現在は大谷、トラウトらと同僚。フィリーズ時代にはアンドリュー・マカッチェン、ブライス・ハーパー、カイル・シュワーバーら名手とプレーした。「幸運に恵まれてきた」というキャリアについて「いつか自分の子どもに語れることだよ」と胸を張った。25歳の若武者は「自分もそこから学んでもっと良い選手になりたいね」とさらなる成長を見据えている。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集