[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜が赤面「めっちゃ恥ずかしい…」 まさかのミスショットが稲見萌寧のバッグに直撃

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスが18日、愛知・中京GC石野C(6573ヤード、パー71)で開幕。西村優菜(スターツ)は2バーディー、3ボギーの72で回り、通算1オーバーの58位で初日を終えた。16日に米国から帰国。ハードなスケジュールでの初日には、思わぬミスショットも飛び出した。

ブリヂストンレディスに参戦中の西村優菜【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディスに参戦中の西村優菜【写真:Getty Images】

国内ツアー・ブリヂストンレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスが18日、愛知・中京GC石野C(6573ヤード、パー71)で開幕。西村優菜(スターツ)は2バーディー、3ボギーの72で回り、通算1オーバーの58位で初日を終えた。16日に米国から帰国。ハードなスケジュールでの初日には、思わぬミスショットも飛び出した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 平日にもかかわらず多くのギャラリーが集った初日。今季は米ツアーに参戦している西村は、16日に帰国して翌17日のプロアマ戦に参加する強行軍で今大会に出場している。この日は気温31度を超える暑さもあり「あまりうまく集中できなかった」と回顧。10番スタートの前半は3つのボギーを叩いた。

 中でも「恥ずかしかった」と明かしたのが、18番パー4での第3打。グリーン右奥からのアプローチをシャンクしてしまい、打球はあらぬ方向へ。グリーン脇に置いてあった同組の稲見萌寧のキャディーバッグに当ててしまった。

「球を高く上げて…というイメージは出来ていて、ビビったとかもなかったのでビックリしました。めっちゃ恥ずかしくて…多分ギャラリーさんもビックリしたと思う」

 赤面した18番での出来事に苦笑いの西村だったが、後半の4番パー3で右奥4メートルからのパットを沈めてこの日初のバーディーを奪うと、5番パー4でもスコアを伸ばした。「ショットは全然良くなかったけど、チャンスについたところを取れた。良くない中で後半戻せたのは大きい」。挽回に胸をなでおろした。

 約2か月ぶりの日本で、楽しみにしていたのがギャラリーが注目する中でのプレー。「本当に嬉しかったですし、楽しかった。コース間に声をかけてもらうのは、向こう(米国)でなかなか経験できないこと。久々に経験できて有難いと思った」と喜んでいた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集