[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、特大139m弾の着弾地点の先にあった粋な演出 目撃した係員が証言「ゲートを越えれば…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場し、投手としては3被弾しながら7回4安打5失点の力投で5勝目。打っては決勝の9号3ランを含む4安打3打点で、二塁打が出ていればサイクル安打という大活躍だった。4回の第3打席では、飛距離456フィート(約139メートル)、打球速度114.6マイル(約184.4キロ)の衝撃弾。中継局のカメラも見失った“着弾地点”で見たのは、大谷さえも届かなかったオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズならではの栄誉だった。

4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷があと一歩だったカムデン・ヤーズならではの栄誉とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場し、投手としては3被弾しながら7回4安打5失点の力投で5勝目。打っては決勝の9号3ランを含む4安打3打点で、二塁打が出ていればサイクル安打という大活躍だった。4回の第3打席では、飛距離456フィート(約139メートル)、打球速度114.6マイル(約184.4キロ)の衝撃弾。中継局のカメラも見失った“着弾地点”で見たのは、大谷さえも届かなかったオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズならではの栄誉だった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 4-4の同点で迎えた4回1死一、三塁の第3打席、大谷は相手先発ロドリゲスの初球カーブを完璧に捉えた。特大3ランが右翼席後方のゲートに直撃。鉄製の柵に当たり、センター方向の客席へと跳ね返った。投手として打った本塁打としてはスタットキャストが導入された2015年以降で史上2番目という飛距離で、テレビカメラも軌道を追えなかった豪快弾に場内は騒然。これが決勝弾となり、自らのバットで5勝目をもぎ取った。

 打球が飛んだ右翼席付近で球場の係員に聞くと、直撃したゲートを教えてくれた。「あのゲートの最上部に当たって跳ね返ったんだ」と説明。これほどの本塁打を目撃したことがあるかを聞くと、「あるよ。フェンスを越えたんだ。フェンスを越えると記念のマークが付けられるんだよ」と足元を指さした。

 大谷の本塁打が直撃したゲートの後方には「ユートウ・ストリート」と呼ばれる舗道がある。ここに打ち込んだ選手は、落下地点に日付や名前、飛距離の入った記念プレートが埋め込まれ、栄誉を称えられる。大谷の本塁打の“着弾地点”から最も近い金属板は、近鉄バファローズでもプレーしたリー・スティーブンスが1992年5月23日にエンゼルスの選手として記録したものだった。

大谷の9号着弾地点の先に埋め込まれたリー・スティーブンスの記念プレート【写真:土屋一平】
大谷の9号着弾地点の先に埋め込まれたリー・スティーブンスの記念プレート【写真:土屋一平】

 サイクル安打とともに、ベーブ・ルース生誕の地ボルチモアの球場に名を刻む栄誉まで、あと少しだった大谷。係員も「ゲートを越えたらよかったね」と悔やんだ。オリオールズとの連戦残り3試合で「ユートウ・ストリート」に打ち込むことはできるだろうか。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集