[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「誰?」と揶揄した敵地実況席、衝撃139m弾で一転脱帽「冗談だろ!」「唯一無二だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。打っては4回の第3打席で飛距離456フィート(約139メートル)の9号3ランを放つなど5打数4安打3打点の活躍。投げては3被弾を含む7回4安打5失点を喫するも、5勝目を挙げた。飛距離139メートルの特大弾に、敵地実況席は驚くばかり。投手として被弾した直後は「ショウヘイ、誰?」の発言も出たが、一転して「一振りで全ての空気を奪ってしまった」と絶賛を口にした。

4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
4回の第3打席で勝ち越しの9号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」の投打二刀流で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オリオールズ戦に「3番・投手兼DH」で投打二刀流出場。打っては4回の第3打席で飛距離456フィート(約139メートル)の9号3ランを放つなど5打数4安打3打点の活躍。投げては3被弾を含む7回4安打5失点を喫するも、5勝目を挙げた。飛距離139メートルの特大弾に、敵地実況席は驚くばかり。投手として被弾した直後は「ショウヘイ、誰?」の発言も出たが、一転して「一振りで全ての空気を奪ってしまった」と絶賛を口にした。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 敵地ファンも唖然とするしかなかった。4-4の同点で迎えた4回の大谷の第3打席。1死一、二塁から、相手先発ロドリゲスの初球カーブを振り抜くと、打球速度114.6マイル(約184.4キロ)の一撃は右中間席へ一直線。飛距離456フィート(約139メートル)の特大3ランで、場内は騒然となった。

 試合前、大谷に大きな敬意をこめた紹介もしていたメリーランド州地元放送局「MASN」の実況席は、2回にオリオールズの7番フレージャ―が大谷から2ランを放った際に「ショウヘイ、誰?」と大喜び。らしからぬ投球をちょっぴり揶揄していたが、衝撃弾を目の当たりにして様子は一変。実況のケビン・ブラウン氏は「オオタニがかっ飛ばした! オー!マイ!グッドネス! ブーブスBBQエリアの一番上のところに当たった! ショウヘイ・オオタニが正真正銘のムーンショット! 冗談だろ!」と仰天していた。

 解説のベン・マクドナルド氏は「前にも話していましたが、彼がフィールドに足を踏み入れれば、こういったことができます。打球速度115マイル、飛距離456フィート。柵に当たっていなければ、ユートウ・ストリートに飛び込んでいました」と力説。ブラウン氏が「これは驚いた」と漏らすと、マクドナルド氏はリプレー画面を見ながら「これを見てください。甘い変化球がど真ん中へ。オオタニは確信! 観客の息を呑む音が聞こえます。オオタニは一振りでカムデンヤーズの全ての空気を奪ってしまいました」と球場の雰囲気を伝えた。

 ブラウン氏が「あんなところまで打つ人を見ることはありません。試合はもちろん、打撃練習でも。456フィートですよ。右中間のあんなところまで飛ばした人がいるかどうか分かりません」と着弾地点に驚きを示すと、マクドナルド氏も「打球音が明らかに違いました」と解説。ブラウン氏は「彼は本当に唯一無二だ」と脱帽していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集