[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子、直近2度の単独首位はV逸 4打差独走をどう捉えるか「競り負けず…なのか」

女子ゴルフの国内ツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの第2日が18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、首位タイで出たツアー通算17勝(海外1勝含む)の上田桃子(ZOZO)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算13アンダーの単独首位で今季初優勝に王手をかけた。2位の青木瀬令奈(リシャール・ミル)、稲見萌寧(Rakuten)とは4打差の独走モード。11か月ぶりの優勝へ決意を込めた。

Tポイント×ENEOS第2日、通算13アンダーで単独首位に立った上田桃子【写真:Getty Images】
Tポイント×ENEOS第2日、通算13アンダーで単独首位に立った上田桃子【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOS

 女子ゴルフの国内ツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの第2日が18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、首位タイで出たツアー通算17勝(海外1勝含む)の上田桃子(ZOZO)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算13アンダーの単独首位で今季初優勝に王手をかけた。2位の青木瀬令奈(リシャール・ミル)、稲見萌寧(Rakuten)とは4打差の独走モード。11か月ぶりの優勝へ決意を込めた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 上田は出だしの1番でバーディー発進。8番から3連続で伸ばしてみせた。16番は6メートルのバーディーを沈め、18番パー4は残り150ヤードからピン右4メートルにつけてバーディー締め。独走モードに入った。一日を通してわかりづらい風向きにも対応。難しいパーパットを残さない、ベテランらしいマネジメント力が光った。

「午前中は(風が)ぐるぐる回って、アゲインストと思ったのがフォローになったりしていた。なるべくグリーンを大きく使っていましたね。基本的にはいいサイドに打てた。(風が)わからない時はセーフティーに。

 風の日は楽しみです。けど、わからない風はそんなに好きじゃない(笑)。4番は真逆だった。その辺は風が好きな私でも難しさがあったけど、そういう時の回り方をわかっているのはプラスになる。(風に)乗せるのか、ぶつけるのか。そういう計算をしながらマネジメントできるのは、集中力に繋がります。風の日はなかなか気持ちよく打たせてもらえないけど、それでも心掛けるべきことを考えて回っています。

 飛ばしたい気持ちになりそうだと思ったので、6、7割くらいの振り感でいこうと我慢していました。もったいないパットも途中にあったけど、残り3ホールで思うように打てたので最後は2つ伸ばせた。(パットは)しっかりヒットしていく感じで練習してきました」

 6月で37歳になる大ベテラン。昨季は4月に17勝目を挙げ、トップ10には全体9位の11度も入った。メルセデス・ランキングは12位で2013年から10季連続でシード権を守っている。今季も開幕から2位、18位。3戦目で早くも優勝争いの中心に立った。

 昨年大会は3位で最終日最終組に入って6位。11月には2週連続単独首位で最終日を迎えながら、5位、3位と優勝が手からこぼれ落ちた。

「最終日の課題を自力で克服するだけ。あまり気負わずにしっかりやれることをやるだけかなと思います。本当に(首位を)どう捉えるか。また『競り負けないように』と考えるのか、『やっとそれ(優勝)ができるチャンスが来た』と捉えるのか。今日一日かけてどういうマインドで明日プレーするのか考えたい。でも、まずはやることは変わらないので、今までのは過去。明日何をできるかに集中して、前がどうだったか考えず集中したい」

 何年プレーを重ねても悔しいと思えるのが一流アスリート。上田は4打のリードをどうプラスにしていくのか。残り18ホールが見逃せない。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集