[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮里藍、衰えぬプロ魂を告白 2017年でツアー引退「まだアンダーを出したい思いある」

元世界女子ゴルフランキング1位の宮里藍(サントリー)が11日、兄の聖志、優作、アマチュアの馬場咲希(代々木高2年)と神奈川・横浜市内で開催中のジャパンゴルフフェア2023でトークショーを行った。

宮里藍と兄の優作【写真:柳田通斉】
宮里藍と兄の優作【写真:柳田通斉】

ツアーから離れた後のベストは「68」

 元世界女子ゴルフランキング1位の宮里藍(サントリー)が11日、兄の聖志、優作、アマチュアの馬場咲希(代々木高2年)と神奈川・横浜市内で開催中のジャパンゴルフフェア2023でトークショーを行った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 藍は2017年シーズンでツアーから引退しており、約500人の観衆を前にすると「こういうのは久しぶりです」。それでも軽快にトークし、司会役の聖志から近況を聞かれると、「ゴルフをする機会は減りましたが、まだ、アンダーを出したいという思いがあります。パープレーぐらいで回っていると緊張してきますね」と明かした。

 藍によると、引退後のベストスコアは3年前に記録した「68」。21年12月には第1子の長女を出産しており、育児優先で「最後に回ったのは昨年12月で、それからはクラブを握っていません」。それでも、「来月にはラウンドの予定があるので、そろそろ練習したいです」と目を輝かせた。

 この日、共演した20歳下で17歳の馬場については、「飛距離があって、柔らかいアプローチが打てて、パットもうまい。メンタル的にもしっかりしていて、芯を感じます」と絶賛。その上で「目先の結果ばかりを求めるばかりでなく、今のまま振りちぎるゴルフをしてほしいです」と願った。

 また、優作は男女とも若手のレベルアップを実感。理由は「ネットの普及でたくさんのいい情報を得られることが大きい」と語り、馬場については「飛距離は本当に魅力。男子の大会に出ても優勝争いをするように思います」と最大級の評価を口にした。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集