[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元NBA選手を生かせるか Bリーグ西宮、“ライバル”越谷戦で見えた1部昇格への希望

バスケットボールBリーグの2022-23シーズンはB1、B2とも終盤戦に差しかかりつつある。今季のB2はクラブライセンス保有が「B1」という前提があるなかで、プレーオフの上位2チームがB1に昇格するルールだ。

越谷戦では不発に終わったハミルトン。中西良太の復帰がカギになると森山HCは語る【写真:B.LEAGUE】
越谷戦では不発に終わったハミルトン。中西良太の復帰がカギになると森山HCは語る【写真:B.LEAGUE】

B2プレーオフでの対戦が予想される西宮と越谷が激突、1勝1敗の痛み分け

 バスケットボールBリーグの2022-23シーズンはB1、B2とも終盤戦に差しかかりつつある。今季のB2はクラブライセンス保有が「B1」という前提があるなかで、プレーオフの上位2チームがB1に昇格するルールだ。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 6日に行われたB2で、西宮ストークスと越谷アルファーズが対戦する興味深いカードがあった。西宮は来季のホーム移転、2025年春の新アリーナ完成に合わせて飛躍する意欲を感じるチーム。ロスターも優勝候補にふさわしい陣容だ。しかし20-21シーズン、21-22シーズンともプレーオフのクォーターファイナル(準々決勝)で破れていて、今季は勝率5割の壁をなかなか突破できていない。

 一方の越谷は昨シーズン、セミファイナル(準決勝)でファイティングイーグルス名古屋に敗れ、あと一歩で昇格を逃した。今季のB2も引き続いて順調な戦いで、アルティーリ千葉と東地区の首位争いをしている。

 5日・6日の連戦を越谷が東地区2位、西宮は東地区3位で迎えていた。プレーオフの1回戦は「地区2位×地区3位」の顔合わせが2つ組まれるのだが、それぞれ「勝率の高い2位×勝率の低い3位」「勝率の低い2位×勝率の高い3位」というカードになる。現時点で越谷は西地区2位より勝率が高く、西宮は西地区3位より勝率が低い。つまり両チームはプレーオフの1回戦で対峙する可能性が少なからずある。

 プレーオフで対戦することを念頭において、西宮戦に臨んだか――。6日の試合後の記者会見でそう尋ねると、越谷の桜木ジェイアール・スーパーバイジングコーチ(SVC)からはこのような答えが返ってきた。

「もちろん考えていました。西宮は同じ地区ですし、プレーオフで当たる可能性がものすごく高い。同じ地区なので、こういうゲームをしっかり落とさないように戦って、勝ち抜いていくところはものすごく大事なのかなと思っています」

 試合結果は5日が67-64で西宮、6日は69-57で越谷が勝利と1勝1敗の痛み分けだった。越谷は33勝12敗、西宮は21勝24敗で、22-23シーズンの“最終クォーター”に入る。

 6日の試合で大きなポイントになったのは、西宮のジョーダン・ハミルトンを巡る攻守だった。ハミルトンは元NBAプレーヤーで、201センチのビッグマンながら技巧的なプレーに強みを持つ。20-21シーズンは滋賀レイクスターズでプレーし、得点・アシストともランキングがB1の2位だった。

 しかし6日の試合でのハミルトンは7得点にとどまり、フィールドゴール成功率も18.8%に抑えられた。越谷の桜木SVCはこう振り返る。

「今日のゲーム2に関しては、ハミルトン選手にいかにスペースを与えないかにフォーカスしました。“0.5秒”を与えないぐらいプレッシャーをかけるように選手へ伝えて、選手はそれを遂行してくれたと思っています」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集