[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪代表・一山麻緒、東京マラソン2日前に異例の涙 12月に肋骨骨折を告白「すみません…」

5日の東京マラソンに向けた会見が3日、都内で行われ、一部選手が出席した。2021年東京五輪代表の一山麻緒(資生堂)は昨年12月に肋骨を疲労骨折していたことを涙ながらに告白。レース2日前に異例の会見となった。2024年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権は獲得している。

会見で涙ぐむ一山麻緒【写真:浜田洋平】
会見で涙ぐむ一山麻緒【写真:浜田洋平】

東京マラソンが5日号砲

 5日の東京マラソンに向けた会見が3日、都内で行われ、一部選手が出席した。2021年東京五輪代表の一山麻緒(資生堂)は昨年12月に肋骨を疲労骨折していたことを涙ながらに告白。レース2日前に異例の会見となった。2024年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権は獲得している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 25歳の一山は21年東京五輪で8位となり、日本人では04年アテネ五輪の野口みずきさん以来の入賞を果たした。昨年7月のオレゴン世界陸上は、レース直前に新型コロナウイルス陽性で無念の欠場。日本人トップの6位だった昨年東京マラソン以来の42.195キロとなる。

 会見では「あまり調子がいいと言える状態ではなかったんですけど、徐々によくなってきた」とコメントした。質疑応答で状態がよくなかったという発言の真意を問われ、「12月の初めに肋骨の疲労骨折をしました。5年ぶりくらいの故障」と告白。満足な練習ができず、「そこから東京マラソンに向けて、先頭集団が(5キロ)16、17分のペースで行くことを頭に入れて故障明けからやってきたけど……すみません」と言葉を詰まらせ、涙を拭った。

 十数秒の沈黙の後、答えられないまま松田瑞生(ダイハツ)ら他の選手の回答に移行。再び自身の番が回ってきた際は「日本記録ペースで練習できなかったので、できることよりできない練習の方が多かった。上手に気持ちのコントロールができなかった。それがあまり状態がよくない理由の一つです」と気丈に話した。

 パリ五輪へ、今年10月のMGCは大一番になる。「MGCに向けて今回が最後のレースなので、調子が良くなくても当日にならないとわからない。明後日走ってMGCに繋がる走りができたらなと思います」と懸命に前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集