[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「フルトンしか見ていない」 次戦正式発表も目前「気が付いたことはある」

ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。次戦の正式発表はされていないが、「フルトンの映像しか見ていない」とWBC&WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国)に照準を定めていることを明かした。

ボクシングの2022年度年間表彰式、5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた井上尚弥【写真:高橋学】
ボクシングの2022年度年間表彰式、5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた井上尚弥【写真:高橋学】

ボクシング年間表彰式

 ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。次戦の正式発表はされていないが、「フルトンの映像しか見ていない」とWBC&WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国)に照準を定めていることを明かした。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上のモチベーションがさらに高まっている。歴代最多6度目のMVP受賞。表彰式でスピーチを終え、取材に応じた。「凄く光栄です。自分がやってきた成果が形として受賞されたのは嬉しいこと」と喜んだ。

 スーパーバンタム級転向初戦は、米メディアでフルトン戦になる見通しだと報じられている。井上は「今年春予定の試合はもうじき発表できると思います」と正式発表が近いことに言及。現在は「フルトンの映像しか見ていない」と対戦イメージを膨らませているという。

 弱点などについて「気が付いたことはある」としつつ、「向こうの陣営に見られるかもしれない」と説明は避けた。表彰式後には、10勝(4KO)を誇るフェザー級の有望株ジャフェスリー・ラミド(米国)とスパーリングを予定。3日連続で拳を合わせる。「合宿もボチボチ日程を決めてやっていきます。抜かりなくやっていきたい」と調整を続けて行く。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集