[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心との世界戦実現に意欲 同じ階級の元K-1王者・武居由樹「理想はそこです」

ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。同じ大橋ジムの東洋太平洋スーパーバンタム級王者・武居由樹は新鋭賞に輝き、同級でのボクシングデビュー戦を控える那須川天心(帝拳)の存在を歓迎。将来の対戦について意欲を見せた。

ボクシング年間表彰式、新鋭賞に輝いた武居由樹【写真:高橋学】
ボクシング年間表彰式、新鋭賞に輝いた武居由樹【写真:高橋学】

ボクシング年間表彰式

 ボクシングの2022年度年間表彰式が22日、都内で行われ、前世界バンタム4団体級統一王者・井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞に輝いた。6度目の受賞は歴代単独最多となり、KO賞とともに2冠に。同じ大橋ジムの東洋太平洋スーパーバンタム級王者・武居由樹は新鋭賞に輝き、同級でのボクシングデビュー戦を控える那須川天心(帝拳)の存在を歓迎。将来の対戦について意欲を見せた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 元K-1王者で26歳の武居は、昨年8月に東洋太平洋同級王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回TKO勝ち。プロボクシング転向5戦目で初タイトルを奪取した。同12月には初防衛に成功。「こんな盛大な会に呼んでいただき、とても光栄です。自分はまだまだ新鋭。これから(出席した他の選手に)追いついていきたい」と恐縮しきりだった。

 スーパーバンタム級では、同じキックボクシングから転向した那須川が4月8日に有明アリーナで与那覇勇気(真正)相手に6回戦デビュー。武居は「那須川選手が来てボクシング界が注目されるのはありがたい」と歓迎した。

「階級も近いし、同じキックから来たというところでも『(対戦を)見たい』と言われることもある。互いがもっともっと上へ行った時に(拳を)交えられたらなと思う。そこまで自分も負けることができないという気持ちです」

 将来的な世界戦での対戦実現について「理想はそこです。いい舞台で戦えればいい。今すぐではないですが」と語った。対戦イメージについては「なんとなくイメージはありますが、ボクシングの那須川選手を見ていない。4月の試合が楽しみです」と観戦予定という。

 K-1では初代MVPに選ばれた。ボクサーとして「いつか近い賞をもらいたいので、いい試合をしていきたい。全部早い回で倒すことを目標にやりたい」とさらなる成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集