[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太の「これを観たかった」 23点差逆転勝ちの最終Qコーナー3Pに反響「鳥肌もん」

米プロバスケットボール(NBA)のネッツは4日(日本時間5日)、本拠地ウィザーズ戦で最大23点差をひっくり返して125-123で逆転勝ち。渡邊雄太は3得点にとどまったが、その3ポイントを最終クォーター(Q)の勝負所で決めた。チーム公式ツイッターが「Yutaaaaa」と興奮気味に実際のシーンを投稿。日本人ファンも「これを観たかった」「Mr.クラッチ!」「もう所作がたたのNBA選手なんよ」と盛り上がった。

本拠地ウィザーズ戦、ガッツポーズするネッツの渡邊雄太【写真:ロイター】
本拠地ウィザーズ戦、ガッツポーズするネッツの渡邊雄太【写真:ロイター】

勝負所で左コーナーから3P成功

 米プロバスケットボール(NBA)のネッツは4日(日本時間5日)、本拠地ウィザーズ戦で最大23点差をひっくり返して125-123で逆転勝ち。渡邊雄太は3得点にとどまったが、その3ポイントを最終クォーター(Q)の勝負所で決めた。チーム公式ツイッターが「Yutaaaaa」と興奮気味に実際のシーンを投稿。日本人ファンも「これを観たかった」「Mr.クラッチ!」「もう所作がたたのNBA選手なんよ」と盛り上がった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 渡邊がここぞで3ポイントを決め、23点差の逆転劇に貢献した。第1Q終盤でいきなり21-44とビハインドを背負ったネッツ。しかし、第2、3Qで追い上げ、92-99で最終Qに突入した。そして、5点ビハインドに迫った残り8分51秒。左コーナーでパスを受けた渡邊はフリーで3ポイントを放つと、これを綺麗に決めた。一気に2点差に詰め寄る会心の一撃。背番号18は自らの胸を何度も叩き、興奮を隠さなかった。

 この日は3ポイントを2本放ち、成功はこの1本のみ。得点も3点にとどまったものの、勝負所で決めたインパクトは大きい。チームもこの後、逆転に成功したとあって、3ポイントの場面を紹介したチーム公式ツイッターには「久々のコーナースリー シビれたわ~」「もう所作がたたのNBA選手なんよ」「鳥肌もん」「レイアップよりスリーの方が上手い説」「これを観たかった」「Mr.クラッチ!」など、日本人ファンの声も多く寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集