[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ミトマがお辞儀とダイブをさせた」 禁断の技を出した“三笘被害者”の増加に海外驚愕

海外サッカーのイングランド1部プレミアリーグ・ブライトンの日本代表MF三笘薫が4日(日本時間5日)に行われた本拠地ボーンマス戦の試合終了間際に決勝のヘディング弾を叩き込み、1-0の勝利に貢献。この試合では得意のドリブルで切り込み、相手選手に両膝をつかせる場面も。日本人からは「また、三笘被害者の方…」と試合のたびに三笘に圧倒される“三笘被害者”の増加に驚きの声。これは海外でも話題になり、反響が広がっている。

ボーンマス戦で決勝ゴールを決め、祝福されるブライトンの三笘薫【写真:ロイター】
ボーンマス戦で決勝ゴールを決め、祝福されるブライトンの三笘薫【写真:ロイター】

「また、三笘被害者の方…」前半35分の場面が海外でも話題に

 海外サッカーのイングランド1部プレミアリーグ・ブライトンの日本代表MF三笘薫が4日(日本時間5日)に行われた本拠地ボーンマス戦の試合終了間際に決勝のヘディング弾を叩き込み、1-0の勝利に貢献。この試合では得意のドリブルで切り込み、相手選手に両膝をつかせる場面も。日本人からは「また、三笘被害者の方…」と試合のたびに三笘に圧倒される“三笘被害者”の増加に驚きの声。これは海外でも話題になり、反響が広がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 海外ファンも度肝を抜かれるシーンだった。0-0で迎えた前半35分だった。右サイドからのクロスが流れ、ペナルティエリア左のゴールライン際でボールを拾った三笘。すると、正対した相手DFアダム・スミスに対し、狭いゴールライン側への切り返しで完全に抜いた。すると、逆を突かれたスミスは両膝をつき、抜かせまいと思わず、両手を出して三笘を止めようとした。中央への折り返しは得点につながらなかったが、三笘らしさが象徴されるシーンでもあった。

 日本でも話題を呼んだ場面は、海外でも注目の的に。特にスミスが両膝をつき、さらに両手で止めようとした場面の画像が拡散され、ファンからは「ドリブルはロナウドより上」「彼は毎週新しいポスターを出してくれるね」「メッシみたい」「来夏、何が何でも彼を引き留めて」「ミトマがお辞儀とダイブをさせた」「この男が再び!」「来季、ペップが彼を買うよ」「ミトマは天才」など驚きの声が上がり、注目度はうなぎのぼりだ。

 試合後には、ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督が「今日の彼はリバプールやレスターとの試合のようなファンタスティックなプレーではなかった。しかし、彼がピッチに立てば決して交代できない選手なんだ」と力説。「そうではないかい? 彼にはゴールや1対1を期待できる。彼はとても良い選手だし、チームにとって非常に大事な選手だ」と揺るがぬ信頼を明かしており、プレミアのピッチで躍動する背番号22の評価も青天井になりつつある。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集