[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ広島、B1西地区“4強”へ飛躍の理由 主力選手が語る昨季からのプレーの変化

開幕から7シーズン目のバスケットボールBリーグは、今まで「東地区以外」からチャンピオンが出ていない。しかし今季は“西”が3地区の中でも最も上位争いの激しい地区になっている。島根スサノオマジックが1月末時点で27勝7敗と西地区の首位に立ち、広島ドラゴンフライズは26勝8敗、琉球ゴールデンキングスと名古屋ダイヤモンドドルフィンズが25勝9敗と僅差で続いている。

辻直人(右から2人目)は新外国籍選手を加えた今季の戦いへの手応えを語った【写真:B.LEAGUE】
辻直人(右から2人目)は新外国籍選手を加えた今季の戦いへの手応えを語った【写真:B.LEAGUE】

熾烈な西地区の上位争い、広島ドラゴンフライズは26勝8敗で2位

 開幕から7シーズン目のバスケットボールBリーグは、今まで「東地区以外」からチャンピオンが出ていない。しかし今季は“西”が3地区の中でも最も上位争いの激しい地区になっている。島根スサノオマジックが1月末時点で27勝7敗と西地区の首位に立ち、広島ドラゴンフライズは26勝8敗、琉球ゴールデンキングスと名古屋ダイヤモンドドルフィンズが25勝9敗と僅差で続いている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 西地区4強の中で、大きなジャンプアップを見せているのが広島だ。2021-22シーズンは主力を丸ごと入れ替える精力的な補強を見せ、カイル・ミリング新ヘッドコーチ(HC)を迎えて戦ったが、29勝28敗でチャンピオンシップ(CS)進出を逃した。今季は新外国籍選手を2名迎え入れているものの、辻直人や寺嶋良、アイザイア・マーフィー、佐土原遼といった主力はそのまま。ただ明らかにプレーの“質”が変わっていて、良い選手がいるチームから「強いチーム」へ踏み出そうとしている気配が感じ取れる。

 1月28日の宇都宮ブレックス戦は前半で39-26とリードを奪うと、その後追い上げられるもタイムアウトで流れを引き戻し、相手の連続得点を許さない粘り強い試合運びでアウェイ戦を72-66と制した。

 特に辻は第4クォーター残り1分22秒の勝負どころも含め、3ポイントシュートを4本決める印象的な活躍を見せた。試合後は「前半は自分たちがやりたい、準備してきたことができましたし、ディフェンスでもいい部分を出せた。やはり宇都宮の後半の強さはあって、リバウンドや勝負どころもかなり強かったですけど、自分たちが崩れずに我慢して、メンバーがそれぞれの役割を果たせた」と強豪相手にアウェイで奪った勝利に手応えを口にしていた。

 そして昨シーズンのチームとの違いについて尋ねると、辻は共通認識、コミュニケーションを挙げていた。

「シーズンも中盤に差しかかってきましたが、接戦をモノにする展開が序盤から結構あります。チームとして、こういうことをやっていけば勝てる、こういう流れになったらダメというのが、たぶんそれぞれの共通認識として出てきて、それがチームの強み、経験値になっている。若い選手は多いですが、上手くコート上でコミュニケーションを取れています。カイル(ミリングHC)のバスケットに関しても、昨年からいる選手はもちろんですけど、今シーズンから加入した選手が、そこを理解しようと努めてくれている。それが上手く噛み合っています」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集