[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「死に物狂いでね」 ホテルの朝食会場、野口みずきに激励された安藤友香の42.195km

野口さんは労い「『死に物狂い』がプレッシャーになっちゃったかな」

 2時間22分58秒。6年前の自分に遠く及ばなかった。悔し涙が頬を流れ、反省の言葉が並ぶ。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「30キロでついていけなかったのは自分の弱さ。課題はペースアップされた時の思い切り、勇気。もっと思い切って捨て身の覚悟で行けばよかった。でも、本当に体もきつかった。思い切っていきたいけど、ついていけずに本当に悔しいです。苦しいところの乗り越え方をもう少し磨きたい」

 野口さんは「記録に挑戦したのは果敢でよかった。ワクワクしながら見させてもらった」と労い。本人には「死に物狂いで頑張ってと言ったけど、それがプレッシャーになっちゃったかな」と言葉を掛け、気遣った。

「いやいや、本当に死に物狂いでつかなきゃと思っていたんですけど、自分の弱さです」と背中を丸めた安藤。途中までではあるが、立ち向かったことには胸を張る。

「海外選手は強いけど、最初から諦めるのではなく果敢に挑戦することが大事。今までと違って、いいリズム、いい感触で走れた。人から教わったことをやって今の走りになっている。継続して、いい状態のまま30キロ以降も勝負できるように磨いていきたい」

 次のターゲットは、パリ五輪代表を争う今年10月15日のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。8月のブダペスト世界陸上の派遣設定記録を突破したが、出場はコーチと相談しながら決める。

「MGCは今回のようにペースメーカーがいるわけではないし、日本人同士の戦いになる。いろんなレース展開が予想されるので、一つのパターンだけじゃなく、いろんな状態をコーチと想定しながらやりたい」

 火花散る五輪争い。次こそは「死に物狂い」を貫き通す。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集