[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

27歳元全米女王ゴールドが笑顔の5位発進 米メディアも「心の底から感銘」「鳥肌立った」

フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳のイザボー・レヴィトが73.78点で首位発進。一方、27歳になった元全米女王グレイシー・ゴールドもノーミスの演技で今季自己ベスト67.44点で5位につけた。摂食障害などを乗り越え、現役を続けるベテランの好演に「鳥肌が立つSPだった」「心の底から感銘を受けた」と米メディアから喝采が上がった。

全米選手権女子SP、今季自己ベスト67.44点で5位発進となったグレイシー・ゴールド【写真:ロイター】
全米選手権女子SP、今季自己ベスト67.44点で5位発進となったグレイシー・ゴールド【写真:ロイター】

フィギュア全米選手権女子SP

 フィギュアスケートの全米選手権は26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳のイザボー・レヴィトが73.78点で首位発進。一方、27歳になった元全米女王グレイシー・ゴールドもノーミスの演技で今季自己ベスト67.44点で5位につけた。摂食障害などを乗り越え、現役を続けるベテランの好演に「鳥肌が立つSPだった」「心の底から感銘を受けた」と米メディアから喝采が上がった。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 ゴールドは冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループ、3回転フリップを着氷。中盤は表情に笑みを浮かべながら、豊かな表現力で会場を魅了し、終盤の2回転アクセルも決めた。最後はコンビネーションスピンからフィニッシュを決めると、会心の演技に思わずガッツポーズ。会場も総立ちとなってスタンディングオベーションが送られ、温かい空気に包まれた。得点は今季自己ベストの67.44点だった。

 演技を受け、ツイッター上の米メディアの関係者らからは喝采が上がった。米人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏は「鳥肌が立つSPの後、グレイシー・ゴールドにスタンディングオベーション。彼女は喜びに満ちて輝いている……。これ以上の笑顔はない」とつづった。

 名物フィギュア記者ジャッキー・ウォン氏は「プログラムでの健闘に心の底から感銘を受けている。1週間のあまり良くなかった練習の後では特にだ。お見事」と評し、米オハイオ州地元局「WCMH-TV」のレポーターのホイットニー・ハーディング氏は「グレイシー・ゴールドの映画が最高だわ。彼女は喜びとともにスケートしていた」と感激した。

 また、米カリフォルニア州地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」のマリサ・インジェミ記者は「グレイシー・ゴールドとグリーンの色合い。イエス、私はファンです」と身にまとった衣装に魅了された様子だった。

 14年ソチ五輪団体銅メダル獲得に貢献し、全米選手権は14、16年と2度制したゴールド。うつ病、不安障害、摂食障害により、17-18年シーズンを全休したが、翌シーズンに復帰すると、3年ぶりに出場した20年全米選手権で12位、21年13位、22年10位だった。27歳は女子フィギュアではベテランの域に突入するが、復帰後初となる入賞、そして表彰台に期待が集まる。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集