[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSフルトンの生観戦を米記者推薦「日本行きを強く勧める」「お気に入りの国」

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が、スーパーバンタム級転向初戦としてWBC&WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(米国)と戦うことが米メディアに報じられた。強者同士の一戦に期待が高まる状態。そんな中、米記者は「日本行きを強く勧める」とファンに投げかけた。

前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥【写真:浜田洋平】
前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥の次戦に米記者注目

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が、スーパーバンタム級転向初戦としてWBC&WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(米国)と戦うことが米メディアに報じられた。強者同士の一戦に期待が高まる状態。そんな中、米記者は「日本行きを強く勧める」とファンに投げかけた。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 井上は13日に4つの世界バンタム級王座返上を表明。WBOでは世界スーパーバンタム級1位にランクされ、フルトンの指名挑戦者となる権利を得た。米メディアにはフルトンとの対戦が報じられたばかり。一方、米専門メディア「ボクシングシーン.com」のビクター・サラサル記者は、ツイッターにこうつづった。

「今まで訪れた中で、日本はお気に入りの国の一つだ。もし、イノウエ対フルトンを見に行けるのなら、行くことを強くおすすめする。他の階級では互いを罵り合っている中、(体重の)低い階級では試合を実現しようとしている」

 別の投稿でも「フルトンは世界最高のファイターと戦うことにした」と強調。最高のファイトが見られることを期待し、米ファンに日本行きをわざわざ投げかけたようだ。米記者も異例の期待を寄せるビッグマッチの正式発表が待たれる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集