[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAで生まれた珍しい退場劇 相手のヘッドバンド剥ぎ取りに米笑撃「何度も見ちゃう」

米プロバスケットボール(NBA)で珍しい退場劇が発生した。17日(日本時間18日)にバックスがラプターズを本拠地に迎えた一戦。ブルック・ロペスが相手選手のヘッドバンドを剥ぎ取って退場となった。動画が公開されると米ファンは「コメディーだろ」「何度も見ちゃう」と笑撃を受けている。

バックスのブルック・ロペス【写真:ロイター】
バックスのブルック・ロペス【写真:ロイター】

バックスのロペスの“行為”が騒動のきっかけに

 米プロバスケットボール(NBA)で珍しい退場劇が発生した。17日(日本時間18日)にバックスがラプターズを本拠地に迎えた一戦。ブルック・ロペスが相手選手のヘッドバンドを剥ぎ取って退場となった。動画が公開されると米ファンは「コメディーだろ」「何度も見ちゃう」と笑撃を受けている。

 滅多にない光景だ。第4クォーター残り7分を切った場面でロペスが自陣でゲイリー・トレントJr.をガード。ロペスは抱きつくように接触を続け、最後はトレントJr.が着用していた白のヘッドバンドを剥ぎ取った。ガードを止めず、客席の前まで押し続けると、両軍入り乱れる事態に発展。ロペスは退場を宣告された。

 米ウィスコンシン州地元放送局「WDJT-TV」のバックス番、ダリアス・ジョシュア記者は退場に関するビル・ケネディ主審の談話をツイッターに掲載。ヘッドバンドを脱がせたことが1つ目のファウル、トレントJr.を強く押した行為が2つ目のファウルだったという。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」公式ツイッターは実際の動画を公開。米ファンは「めっちゃ面白い」「コメディーだろ」「爆笑した」「今まで見てきた中で1番面白い」「何度も見ちゃう」と笑撃を受けていた。試合は、終盤にロペスを欠いたバックスが130-122で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集