[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫をノーマークにしたリバプールDF 怠慢守備を英酷評「努力と意欲が足りない」

海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンは14日(日本時間15日)、強豪リバプールに3-0で快勝した。日本代表MF三笘薫は先制点を演出するなど活躍を見せたが、三笘をマークしきれなかった相手DFのトレント・アレクサンダー=アーノルドは英メディアから「彼の努力と意欲が足りないということは気になるところ」と酷評を受けている。

リバプール戦に出場したブライトンMF三笘薫【写真:ロイター】
リバプール戦に出場したブライトンMF三笘薫【写真:ロイター】

英メディア「ミトマは彼の10ヤード先にいた」

 海外サッカー、英1部プレミアリーグのブライトンは14日(日本時間15日)、強豪リバプールに3-0で快勝した。日本代表MF三笘薫は先制点を演出するなど活躍を見せたが、三笘をマークしきれなかった相手DFのトレント・アレクサンダー=アーノルドは英メディアから「彼の努力と意欲が足りないということは気になるところ」と酷評を受けている。

 そこに三笘はいなかった。注目を集めたのはブライトンが2-0で迎えた後半36分。ブライトンが敵陣中央付近からスローイン。この時、アレクサンダー=アーノルドはボックスの端にポジションをとっていた。そこからゴール前にボールを持ち込まれ3失点目を喫するが、アレクサンダー=アーノルドの位置はほとんど変わっていない。マークすべきはずの三笘はゴール前に駆け込んでおり、完全にフリーの状態だった。

 この守備に注目したのが英スポーツメディア「ギブ・ミー・スポーツ」。「リバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドがブライトンのゴールを見守る姿が話題に」と見出しを打って酷評した。

 記事では「ブライトンのウェルベックのゴールに力を貸していた」と表現。「マークしないといけなかったミトマは彼の10ヤード(約9メートル)ほど先にいた」と三笘を全く追えていないことを伝えた。さらに「彼の努力と意欲が足りないということは気になるところだ」と最後まで辛辣だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集