[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、2団体統一王者は「難しい相手」と米指摘「イノウエはまだ全盛期の大物と…」

バンタム級の4団体統一を成し遂げ、スーパーバンタム級に転向するボクシングの井上尚弥(大橋)。新階級での戦いは早くも注目の的となっている中、米専門メディアは「イノウエの前に立ちはだかる魅力的な5人」を紹介している。体格的な「アドバンテージ」をとられているとされるモンスターとの一戦を「難しい試合」と指摘。“悪童”との対戦実現なら「同胞の仇討ち」と伝えている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

米専門メディアがSバンタム級の“強敵”5人を紹介

 バンタム級の4団体統一を成し遂げ、スーパーバンタム級に転向するボクシングの井上尚弥(大橋)。新階級での戦いは早くも注目の的となっている中、米専門メディアは「イノウエの前に立ちはだかる魅力的な5人」を紹介している。体格的な「アドバンテージ」をとられているとされるモンスターとの一戦を「難しい試合」と指摘。“悪童”との対戦実現なら「同胞の仇討ち」と伝えている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 昨年12月にWBO世界バンタム級王者だったポール・バトラー(英国)に11回KO勝ちでアジア人初、世界9人目の4団体王座統一を達成した井上。13日に行われた会見では「バンタム級ではやり残したことはない」と話し、4つの王座返上とスーパーバンタム級転向を表明した。世界のメディアはあらゆる角度から新階級での戦いを展望。スーパーバンタム級の有力選手からも対戦アピールも飛び出している。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は井上の「新たな挑戦」を受けて特集記事を掲載。「新階級のイノウエの前に立ちはだかる魅力的な5人を紹介しよう」と展開した。

 まず挙げたのが、元WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。井上への“挑発”が多いことでも知られるとあって、同メディアは「カシメロはパワーとおしゃべりを兼ね備えた3階級制覇王者だ」「因縁のハードパンチャー同士の戦いは悪いものではなく、面白いものになるだろう」と見ている。

 続いて挙げられたのは元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)。「ネリは今でもモンスターと拳を交える希望を明らかにしている」「イノウエは、過去20年間で最高のバンタム級選手であった同胞の仇を討つことになる」と記した。

 ネリはバンタム級時代の2017年8月に山中慎介とのタイトルマッチで4回TKO勝ちを収めたが、試合前に行われたドーピング検査で禁止薬物が検出された。故意の摂取を否定していたが、18年3月の再戦では今度は体重超過。試合前に王座を剥奪され、日本ボクシングコミッション(JBC)からは日本でのボクシング活動永久停止処分を課されている。

 3人目に挙げた元WBA世界スーパーバンタム級暫定王者ライース・アリーム(米国)については「32歳なのでずっと一戦で戦えるわけではないが、健康で肉体的に優れた選手。イノウエが重い選手とどれくらい戦えるのかの試金石になる」とし、4人目のWBAスーパー&IBF同級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)については「イノウエはバンタム級でパワーの持ち主を全滅させた。パワーの持ち主がまだ残っていたらどうなるだろうか? アフマダリエフはその答えを教えてくれる」と記したものの「怪我と指名試合があるのですぐに実現は難しい」と加えた。

 5人目はWBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)。「身長と体長のアドバンテージがあるからイノウエにとっては難しい相手になるだろう」としたうえで「イノウエは(ドネアがいたが)まだ全盛期の大物と対戦していない。フルトンが初めての全盛期の相手になるだろう」と難敵であると見ている。

 井上は13日の会見で次戦の相手は交渉中のため、戦いたい相手について「パッと思いつくのは4人」と挙げていた。問題の多いカシメロやネリは相手にしていない可能性が高いが、米メディアは候補に予想しているようだ。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集