[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッテ新ユニホーム発表 ビジター純黒、背番号&背ネームフォントもシャープな印象に

プロ野球・ロッテは2023年にホームユニホーム、ビジターユニホーム、ALL FOR CHIBAユニホームをリニューアルすると発表した。

左からビジターユニホーム着用の藤原と山口、ホームユニホーム着用の佐々木朗と松川、CLMユニホーム着用の小島と安田【写真:球団提供】
左からビジターユニホーム着用の藤原と山口、ホームユニホーム着用の佐々木朗と松川、CLMユニホーム着用の小島と安田【写真:球団提供】

品格を体現、動きやすさも追求

 プロ野球・ロッテは2023年にホームユニホーム、ビジターユニホーム、ALL FOR CHIBAユニホームをリニューアルすると発表した。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 今回のユニホームリニューアルは3種類ともに品格を体現するために、これまでの昇華プリントではなくロゴと背番号が刺繍となる。また背番号と背ネームのフォントも本来のオリジナルのものから文字の空間を広くして、視認性を高め、全体的にシャープな印象に変更される。

 機能面ではミズノ社の最新素材を採用して軽量化し、動きやすさを追求。ホームユニホームのピンストライプは1950年初代オリオンズ時代から受け継ぐ、日本プロ野球界では最長のデザインであり、マリーンズの伝統と誇りを表現している。

 ビジターユニホームはストライプが廃止され、純黒の生地に変更。左胸には「M」のイニシャルマークが白字で掲げられており、「ブラック」を強調するデザインとなった。ビジター帽子はホームユニホームと同様の帽子を着用する。またALL FOR CHIBAユニホームはCLMユニホームへと名称変更も行う。

 ビジターユニホームとCLMユニホームの袖には、球団理念にある「勝利への挑戦・勝利の熱狂・勝利の結束」を表現したブラック、ホワイト、グレーの3本線「BELIEF LINE」を新たに採用。選手とファンをつなぐ勝利の3カ条として、ホームのピンストライプと同様に、マリーンズを象徴するデザインとなる。

 リニューアルしたユニホームは球団が掲げる「Vision 2025」を実現するためのユニホームとして開発された。常勝軍団にふさわしい品格と品質を追求し、勝者のメンタリティが感じられる仕様に改良された。ユニホームはミズノ社、帽子は’47(フォーティーセブン)社のものを引き続き使用する。なお、新ユニホームは2月1日から始まる石垣島春季キャンプより着用する。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集