[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

亀田興毅氏、無念の重岡銀次朗に涙「悔しい想いもあると思う」 4.16に再戦実施を約束

ボクシングのIBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明けた7日、直接の再戦(ダイレクトリマッチ)を4月16日に東京・代々木第二体育館で実施する方向であることが発表された。6日にエディオンアリーナ大阪で行われた同試合で、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)が3回に同級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)との偶然のバッティングで負傷。試合続行不可能となった。この日は「無効試合」と正式発表した。

世界戦から一夜明け、会見で目に涙を浮かべた亀田興毅氏【写真:浜田洋平】
世界戦から一夜明け、会見で目に涙を浮かべた亀田興毅氏【写真:浜田洋平】

6日の世界戦から一夜明け会見

 ボクシングのIBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明けた7日、直接の再戦(ダイレクトリマッチ)を4月16日に東京・代々木第二体育館で実施する方向であることが発表された。6日にエディオンアリーナ大阪で行われた同試合で、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)が3回に同級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)との偶然のバッティングで負傷。試合続行不可能となった。この日は「無効試合」と正式発表した。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 試合は世界初挑戦の重岡が主導権を握る展開だった。3回に互いの距離が縮まり、パンチの応酬に。すると、バラダレスの額が重岡の顎付近と激突。偶然のバッティングで中断され、王者は顔をしかめながら痛みをアピールした。ドクターチェックの末、試合続行不可能と判断された。リングでは、無念の重岡と王者がともに涙する異例の光景が広がった。

 興行を主催した元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏、両陣営、試合を統括するIBFのスーパーバイザー、ベンジャミン・ケイルティー氏(オーストラリア)が協議。一夜明けたこの日は大阪市内でそろって会見し、IBFが再戦を協議すること、両陣営がすでに了承したことを明かした。

 亀田氏は4月16日に「3150FIGHT Vol5」で実施する方針を約束。「相手陣営も再戦の方向でやるとOKを言ってくれている」と明かし、「ABEMAでもそういう検証番組ができないか。次はどうなるかわからないけど、ボクシングも世界的スポーツなので、ビデオ判定はやっていかないといけない。人間の目だけで判断するのは難しい。ビデオ判定は必要」とビデオ判定がなかったルールを指摘した。

 続けて「なんでもこういうことで物事が進化していく。今回もそのケース」とコメント。無念の重岡を思いやり「悔しい想いもあると思うんですけど。これを次に繋げられるようにビデオ判定をやってほしい」と目に涙を浮かべた。「ボクサーの想いを無駄にせず、続けて行きたい」と声を振り絞りながら約束した。

 ルール上では4回終了までいけば、重岡の負傷判定勝ちだったが、3回だったため決着がつかず。重岡は王者が実力差を知った後、故意に負傷を狙う作戦に出たことを疑っていた。

(THE ANSWER編集部)


国際女性ウィーク

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集