[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重岡銀次朗VS王者の再戦は「4.16」実施へ 亀田興毅氏「相手陣営もOKだと言っている」

ボクシングのIBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明けた7日、直接の再戦(ダイレクトリマッチ)を4月16日に東京・代々木体育館で実施する方向であることが発表された。6日にエディオンアリーナ大阪で行われた同試合で、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)が3回に同級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)との偶然のバッティングで負傷。試合続行不可能となった。この日は「無効試合」と正式発表した。

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明け、会見に出席した亀田興毅氏【写真:浜田洋平】
IBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明け、会見に出席した亀田興毅氏【写真:浜田洋平】

6日の世界戦から一夜明け会見

 ボクシングのIBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦から一夜明けた7日、直接の再戦(ダイレクトリマッチ)を4月16日に東京・代々木体育館で実施する方向であることが発表された。6日にエディオンアリーナ大阪で行われた同試合で、王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)が3回に同級5位・重岡銀次朗(ワタナベ)との偶然のバッティングで負傷。試合続行不可能となった。この日は「無効試合」と正式発表した。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

 試合は世界初挑戦の重岡が主導権を握る展開だった。3回に互いの距離が縮まり、パンチの応酬に。すると、バラダレスの額が重岡の顎付近と激突。偶然のバッティングで中断され、王者は顔をしかめながら痛みをアピールした。ドクターチェックの末、試合続行不可能と判断された。リングでは、無念の重岡と王者がともに涙する異例の光景が広がった。

 興行を主催した元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏、両陣営、試合を統括するIBFのスーパーバイザー、ベンジャミン・ケイルティー氏(オーストラリア)が協議。一夜明けたこの日は大阪市内でそろって会見した。

 ケイルティー氏は「昨日の試合は3回途中で負傷。その後、本部にレポートとビデオを送りました。今後会議にかけて、リマッチをするか協議する」と説明。「私はスーパーバイザーなのでリクエストを出すことしかできないが、リクエストを出すつもりでいます」と続けた。

 亀田氏は「ノーコンテストになりました。無効試合です。まずリマッチとしてリクエスト出してくれている。相手陣営も再戦の方向でやるとOKを言ってくれている。次の4月16日に3150FIGHT Vol5として代々木体育館でやります」と約束した。ルール上では4回終了までいけば、重岡の負傷判定勝ちだったが、3回だったため決着がつかず。重岡は王者が実力差を知った後、故意に負傷を狙う作戦に出たことを疑っていた。

ワタナベジムの渡辺均会長「銀次朗と電話で話して、謙虚に『ありがとうございました』と。もし再戦ができるなら是非やらせてほしいと。数日実家の熊本に帰ってもう一度世界戦に向けて頑張りたいという意思でした。それに向かって銀次朗も立ち直ってくれると思います。本来は言いたいことがたくさんある。ボクシングはダメージを与える競技。めまいがしようと試合をする。でも、それは我慢して再戦を迎えたい」

バラダレス陣営のアレハンドロ・ブリトー氏「(バラダレスは)病院でMRI検査を受け、大丈夫だった。これから東京に行って帰国する。選手もリマッチを望んでいる。耳が全然聞こえなかったと。その後、めまいがすると訴えていた。スーパーバイザーもレフェリーに訴えていた。まだ耳が聞こえないのとめまいがあるそうです。今から3か月ある。IBFが承認するなら3か月は十分は時間ですし、4月に是非試合をしたい」

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集