[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重岡銀次朗、世界初挑戦がまさかの無判定試合で涙 王者がバッティング負傷で続行不能に

ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界初挑戦のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と3回2分48秒で無判定試合となった。3回に偶然のバッティングで王者が負傷し、試合続行不可能に。23歳の重岡は試合前までアマチュア時代から事実上の“生涯無敗”を続けていた。バラダレスは初防衛戦だったが、王座は動かなかった。戦績は23歳の重岡が8勝(6KO)、初防衛戦となる28歳のバラダレスは26勝(15KO)3敗1分け。

重岡銀次朗とバラダレスが激突、荒れた試合となり無判定試合となった【写真:津高良和】
重岡銀次朗とバラダレスが激突、荒れた試合となり無判定試合となった【写真:津高良和】

ミニマム級ダブル世界戦

 ボクシングのミニマム級(47.6キロ以下)ダブル世界戦が6日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界初挑戦のIBF5位・重岡銀次朗(ワタナベ)が王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)と3回2分48秒で無判定試合となった。3回に偶然のバッティングで王者が負傷し、試合続行不可能に。23歳の重岡は試合前までアマチュア時代から事実上の“生涯無敗”を続けていた。バラダレスは初防衛戦だったが、王座は動かなかった。戦績は23歳の重岡が8勝(6KO)、初防衛戦となる28歳のバラダレスは26勝(15KO)3敗1分け。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

 サウスポーの重岡は静かな立ち上がり。小刻みなステップから2分過ぎに左ストレートを入れた。2回は好戦的に手数を出すと、タイミングよく右フックを入れた。打っては離れ、的確にポイント奪う展開。3回は互いの距離が縮まり、パンチの応酬となった。バラダレスの額が重岡の顎付近と激突。偶然のバッティングで一時中断となり、王者がドクターチェックを受けた。結局、試合続行不可能となった。

 無念の重岡は涙。コーナに頭をつけ、沈痛な面持ちを浮かべた。バラダレスも涙でリングを降りた。

 幼い頃から夢見たのが世界王者だった。幼稚園で空手を始め、小学4年にボクシング人生をスタート。2学年上の兄・優大(ワタナベ)とともに父・功生さんの厳しい指導を受けた。地元の熊本・開新高では全国5冠。アマ戦績は56勝1敗だったが、兄との直接対決で初回のゴング直後に棄権したのが唯一の黒星。U-15時代も含め、事実上の“生涯無敗”だった。

 高校卒業後にワタナベジム入門。デビュー4戦目には開始72秒の左ボディー一撃でKO勝ちを飾り、WBOアジアパシフィック王座を獲得した。同王座を2度、日本王座を1度防衛。身長153センチながらミニマム級離れしたパワーで道を切り拓き、具志堅用高氏の持つ世界戦13回連続防衛の日本記録更新を目指していた。

 今回の興行は、元世界3階級制覇王者・亀田興毅氏がファウンダーとしてプロモートする「3150FIGHT Vol4」。同氏は第4弾にして初めて世界戦を手掛け、ABEMAが新設したボクシング専門チャンネルで全試合を無料生配信。メインイベントでは、重岡と同門のWBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(ワタナベ)が、同級2位メルビン・ジェルサレム(フィリピン)との2度目の防衛戦を行う。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集