[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫、相棒と生み出す“サイド破壊”に英記者称賛「いくら強調しても足りない連係」

海外サッカー、英1部プレミアリーグ・ブライトンで活躍する日本代表MF三笘薫。現地3日の敵地エバートン戦で2戦連発の今季3得点目をマークし、現地でも称賛の声が上がっているが、英記者は三笘の力を引き立たせる存在にも注目。“サイド破壊”に「いくら強調しても足りない」などと称賛している。

ブライトンのMF三笘薫【写真:ロイター】
ブライトンのMF三笘薫【写真:ロイター】

ブライトンの同僚とサイド攻撃で脅威

 海外サッカー、英1部プレミアリーグ・ブライトンで活躍する日本代表MF三笘薫。現地3日の敵地エバートン戦で2戦連発の今季3得点目をマークし、現地でも称賛の声が上がっているが、英記者は三笘の力を引き立たせる存在にも注目。“サイド破壊”に「いくら強調しても足りない」などと称賛している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 カタール・ワールドカップ(W杯)でも活躍した三笘。大晦日の名門アーセナル戦で得点したのに続き、エバートン戦では鮮やかなファーストタッチで敵DFを置き去りにし、右足で得点した。躍動する日本人MFに注目したのは、英メディア「サセックス・ライブ」などに寄稿するフリーランス記者ライアン・アドセット氏だった。

 ツイッター上で投稿されていた三笘のプレー映像に、引用リツイートの形で反応。そこでは三笘と同じサイドでプレーする“相棒”のエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンとの連係プレーについて「エストゥピニャンとカオル・ミトマの連係は見事だ。いくら強調しても足りないほどだ」と称賛した。

 2人は鮮やかな連係で左サイドから相手選手を翻弄。幾度となくゴールに迫り、相性の良さも感じさせていた。同記者は別の投稿で「カイセド、アレクシス、グロスの連係もそうだ。デ・ゼルビは我々を目もくらむような高さへ導いている。あとは左センターバックの役割を解決する必要があるだけだ」と他選手とのコンビネーションにも言及した。

 海外ファンからは「ブライトンは現在、トップ6のチームのようだ」「『まだ序盤だ』と自分に言い聞かせているけど、今楽しめなかったら一生ダメだろう」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集