[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が負ける? 米メディアが「2023年最高の番狂わせ」でフルトン勝利の大胆予想

ボクシングのスーパーバンタム級への転向を視野に入れている世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)。米メディアは早くも2023年のボクシング界を展望した。戦績24勝(21KO)の井上が階級を上げた場合、WBC&WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国)に対しキャリア初黒星を喫するという大胆予想が飛び出している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

米専門メディアが早くも2023年を展望

 ボクシングのスーパーバンタム級への転向を視野に入れている世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)。米メディアは早くも2023年のボクシング界を展望した。戦績24勝(21KO)の井上が階級を上げた場合、WBC&WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国)に対しキャリア初黒星を喫するという大胆予想が飛び出している。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「覗き見:フューリーとフルトンが2023年の最高のボクサーになることに期待」との見出しで記事を掲載。まだ試合開催も決まっていない対戦も含め、今年のボクシング界を“妄想”する形で4つの賞を設け、それぞれ予想を紹介した。「年間最高の番狂わせ」では、井上がフルトンに1-2で判定負けすると大胆予想した。

 記事では「ナオヤ・イノウエは世界で最もエリート級のボクサーの1人。複数階級を制しており、バンタム級の4団体統一王者だ」と称賛。しかし、「彼はモンスターかもしれないが、無敵ではない」と相手にもチャンスがあることを指摘した。2021年から同級2団体で王座に君臨するフルトンについて「イノウエが今まで対峙してきた誰よりも頑丈で、才能もある」と評価した。

 試合が実現した場合の展開については、「決して簡単な試合にはならないだろうし、派手なパンチの応酬無しでは終わらないだろう。もしも2023年に両者が相まみえれば、フルトンが勝てる試合となるだろう。114-113か115-112辺りの判定になると言っておこう」と接戦を予想していた。

 ほかには、「年間最高KO」に前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)がジョー・ジョイス(英国)に5回KO勝ちする予想で選出。「年間最高試合」には、WBA世界ライト級王者ガーボンタ・デービスが元WBC同級暫定王者ライアン・ガルシア(ともに米国)に8回KO勝ちするとの予想をもとにピックアップし、「年間最高ボクサー」はWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)としていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集