[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全日本男子SPで安藤美姫が発見した「なんか深い」出来事 ファンも「気づいてました!」

フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫さんがツイッターを更新。23日に行われた全日本選手権男子ショートプログラム(SP)で気付いたある出来事を打ち明け、「皆さん気が付いていましたか?」と呼びかけた。

現役時代の安藤美姫さん【写真:Getty Images】
現役時代の安藤美姫さん【写真:Getty Images】

1番滑走・中田と最終滑走・鍵山のプログラムが「Believer」で一致

 フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫さんがツイッターを更新。23日に行われた全日本選手権男子ショートプログラム(SP)で気付いたある出来事を打ち明け、「皆さん気が付いていましたか?」と呼びかけた。

 30選手が出場して行われた男子SP。安藤さんは「皆さん気が付いていましたか?」と切り出し、挙げたのは中田璃士と鍵山優真の名前。「昨日の男子ショートプログラム 1番滑走 中田璃士選手 最終滑走 鍵山優真選手 共に曲は“Believer”だった事に」とつづった。

 確かに30選手の演技は、イマジン・ドラゴンズの「Believer」で始まり、「Believer」で終わった。安藤さんは「鍵山選手も若いですがこれから先が楽しみなジュニアの若いBelieverで始まりオリンピックメダリストのBelieverで終わった男子ショート」と記した。

 フィギュアスケートで選手のナンバーが重なること自体は珍しいことではないが、次代を担う14歳の中田と五輪メダリストの鍵山が、国内最高峰の舞台で1番滑走と最終滑走で同じプログラムを使用することには、どことなくストーリー性を感じさせる。

「なんか深い」と記した安藤さんの投稿には「気づいてましたよ! どちらも若い滾るようなエネルギーを感じる素敵なプログラムでしたね」「そして2人ともコラントッテを付けている」「彼らのこれからの力のbelieverになりました!」などのファンの反応が寄せられた。

 鍵山は81.39点で6位発進。中田は57.74点の26位でフリーには進出できなかったものの、未来が楽しみな存在だ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集