[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本を帰国させた」 クロアチアGKはプレミアL移籍候補と英期待「PKで勝った英雄」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は17日(日本時間18日)、3位決定戦でクロアチアがモロッコに2-1で勝利を収め、3位に輝いた。英放送局はプレミアリーグへ移籍する可能性のある10人をピックアップ。クロアチアのGKドミニク・リバコビッチについて、「日本を帰国させた」と紹介している。

ドミニク・リバコビッチ【写真:Getty Images】
ドミニク・リバコビッチ【写真:Getty Images】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は17日(日本時間18日)、3位決定戦でクロアチアがモロッコに2-1で勝利を収め、3位に輝いた。英放送局はプレミアリーグへ移籍する可能性のある10人をピックアップ。クロアチアのGKドミニク・リバコビッチについて、「日本を帰国させた」と紹介している。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 リバコビッチは評価を上げる大会となった。決勝トーナメント1回戦では、日本とのPK戦でストップを連発。準々決勝のブラジル戦でもPK戦の末に勝利を収め、ゴールマウスに立ちはだかった。この日の3位決定戦でも1対1で好セーブを見せるなど鉄壁ぶりを発揮。クロアチアの3位に大きく貢献した。

 現在は母国のディナモ・ザグレブに所属する27歳。英衛星放送局「スカイスポーツ」は「1月にプレミアリーグのターゲットになる可能性のある10選手」との見出しを打ち、この冬の移籍市場を賑わせる選手10人を紹介した。3位決定戦を前に掲載された記事。リバコビッチの寸評には期待が込められている。

「W杯で4強に導き、2度のPK戦に勝った英雄GKドミニク・リバコビッチが欧州クラブから注目されることは自然なことだ。リバコビッチはW杯のPK戦で3度止めた3人目の選手となり、日本を帰国させた。その後のブラジル戦でもPK戦を制し、カタールでのベスト4入りを果たした。

 クロアチアのスポーツ紙『Sportske Novosti』によると、この27歳はウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCへの移籍が噂されているという。ミッドランドのクラブは、このGKとの契約を成立させて、プレミアリーグのストライカーが恐れるチームにしたいと考えているだろう」

 他にはイングランドのMFジュード・ベリンガム、オランダのFWコーディ・ガクポ、フランスのMFアドリアン・ラビオが名を連ねている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集