[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はSバンタム級に意欲も…無冠のカシメロに母国嘆き「井上を誘う材料がない」

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。13日に東京・有明アリーナでWBO王者だったポールバトラー(英国)と対戦し、11回1分9秒KO勝ちでアジア人初の偉業を達成した。試合後はスーパーバンタム級転向に意欲を示していたが、この動きにフィリピン紙も注目した。かつて対抗王者だった母国のジョンリエル・カシメロについては「リングに誘う材料がない」と現状を嘆いている。

世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥【写真:荒川祐史】
世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上はバンタム級4団体統一、転級を見据える

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。13日に東京・有明アリーナでWBO王者だったポールバトラー(英国)と対戦し、11回1分9秒KO勝ちでアジア人初の偉業を達成した。試合後はスーパーバンタム級転向に意欲を示していたが、この動きにフィリピン紙も注目した。かつて対抗王者だった母国のジョンリエル・カシメロについては「リングに誘う材料がない」と現状を嘆いている。

 バトラーを倒し、4団体統一の偉業を成し遂げた井上。試合後にスーパーバンタム級への転級を見据える発言もしているが、フィリピン紙「マニラタイムズ」は「(転級なら)日本人スターにとって新たな挑戦」と反応。スーパーバンタム級で現在WBC&WBO王者に君臨しているスティーブン・フルトン(米国)との対戦を予想した。

 同紙はフルトンの異名が「クールボーイ」だと紹介。「それは巧みなボクシングスタイルを表現している」としたが、「しかしフルトンはパワーに不足があるので、イノウエとの戦いは苦戦するという意見もある」と井上有利の見方を示した。

 また記事では、かつてWBO世界バンタム級王者だったフィリピンのカシメロについても言及。井上を執拗に挑発してきたカシメロがスーパーバンタム級に転向していることに触れ、「しかし、イノウエの注意を惹くためにカシメロは最低でも1つのベルトを獲得する必要がある。ベルト無しのカシメロはイノウエをリングに誘う材料がないのだ」と無冠の現状を嘆いていた。

 記事の最後では「イノウエは体重の重い階級に移り、パンチ力が試される」とスーパーバンタム級に転向した場合について展望。それでも「モンスターはそれらの選手を打ちのめすだろう」と期待を寄せていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集