[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、海外PFP最新版でさっそく高評価 1位格付けの米CBS「史上最高のピークだ」

ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。13日に東京・有明アリーナでWBO王者だったポールバトラー(英国)と対戦し、11回1分9秒KO勝ちでアジア人初の偉業を達成した。複数の海外メディアが独自のパウンド・フォー・パウンドを更新し、「これほどまでに『モンスター』のニックネームが似合う男がいるか?」「史上最高ともいえるピーク」などと井上を高評価している。

4団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】
4団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】

バトラーに11回KO勝ちで4団体統一王者に

 ボクシングの世界バンタム級4団体統一王者となった井上尚弥(大橋)。13日に東京・有明アリーナでWBO王者だったポールバトラー(英国)と対戦し、11回1分9秒KO勝ちでアジア人初の偉業を達成した。複数の海外メディアが独自のパウンド・フォー・パウンドを更新し、「これほどまでに『モンスター』のニックネームが似合う男がいるか?」「史上最高ともいえるピーク」などと井上を高評価している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。海外メディアが独自に格付けしているが、井上は今年6月、世界で最も権威あるボクシングの米老舗専門誌「ザ・リング」のPFPで日本人初の1位(現在は2位)に輝くなど、各メディアで高評価されていた。

 守備を固めたバトラーを11回で倒し、偉業を達成した井上だが、早速PFPで高評価を反映する海外メディアも現れている。1位評価していた米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は、最新のランキングでも井上を1位に。「29歳日本のモンスターはキャリアで史上最高ともいえるピークを迎えている」とし、こう続けた。

「この3階級制覇王者は、118ポンド(バンタム級)で守り一線のポール・バトラーを圧倒。この階級で初のベルト4つを保持した。イノウエは122ポンド(スーパーバンタム級)への転向が予想されているが、そこにはエリート級の対戦対手がひしめいている」

 また米誌「スポルティングニュース」は、1位のヘビー級3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)に続く2位で井上の名前を挙げ、「これほどまでにボクシング界で『モンスター』というニックネームが似合う男がいるか? プロ転向から破壊的なパワー、驚異的なハンドスピード、そして模範的なテクニックを備えている」と絶賛した。仮にスーパーバンタム級に転向した場合については「(2団体王者の)スティーブン・フルトンとの試合はこのスポーツで最も魅力的な一戦になるだろう」と注目していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集