[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米ESPN実況席も爆笑に包まれた衝撃の挑発劇「ロイ・ジョーンズじゃないか!」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦に臨み、11回KO勝ち。アジア人初の4団体王座統一の快挙を達成した。この試合はバトラーが防戦一方となり、井上が再三挑発をするシーンがあった。米スポーツ専門局「ESPN」の実況席にも驚きが走っていた。

4団体王座統一の快挙を達成した井上尚弥【写真:ロイター】
4団体王座統一の快挙を達成した井上尚弥【写真:ロイター】

解説を務めたのは元2階級制覇王者のブラッドリー氏

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)との4団体王座統一戦に臨み、11回KO勝ち。アジア人初の4団体王座統一の快挙を達成した。この試合はバトラーが防戦一方となり、井上が再三挑発をするシーンがあった。米スポーツ専門局「ESPN」の実況席にも驚きが走っていた。

 本場・米国の実況席も驚く行動だった。バトラーがガードを固め、井上が攻める展開。しかし、あまりにバトラーがカウンター狙いで手数を出さないため、井上が動いた。6回2分過ぎ、ノーガードで誘って揺さぶる。それでも乗ってこない相手に笑みを浮かべ、強引にパンチを浴びせた。さらに8回には後ろに手を組んで顔を差し出す。試合中から、ネット上で「井上尚弥挑発芸」と続々と反応が寄せられ、大きな話題になった。

 元世界2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー氏が解説を務めた米スポーツ専門局「ESPN」のストリーミングサービス「ESPN+」の放送席も反応。井上が笑った6回の場面で、ブラッドリー氏は「イノウエが楽しんでるのを見てくれ」と視聴者に呼びかけ、「これは4団体統一ですよ。彼にとってはスパーリングのようだ。それほど才能に恵まれているんです」と驚きを隠せない様子でまくし立てた。

 さらに、後ろ手挑発を繰り出した8回には、実況のジョー・テッシトーレ氏が「これを見てください。手を後ろに回してますよ」と伝えると、ブラッドリー氏は「ロイ・ジョーンズじゃないか! UHHHH HAHAHAH!」と爆笑。往年の伝説王者ロイ・ジョーンズJr.が試合中に取った同様の挑発に重ね合わせ、テッシトーレ氏は「(バトラーは)何かしないといけません。ここでパンチを打たなかったらどこで打つんだ」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集