[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

GK権田修一、PK戦での敗退に涙 責任背負う「僕自身がもう一つやらなければいけない」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアと対戦。1-1で延長戦に突入し、PK戦の末1-3で敗れた。GK権田修一は涙を見せ「悔しさが大きいですね」と振り返った。

クロアチア戦後に涙する権田修一(左)と労う川島【写真:ロイター】
クロアチア戦後に涙する権田修一(左)と労う川島【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアと対戦。1-1で延長戦に突入し、PK戦の末1-3で敗れた。GK権田修一は涙を見せ「悔しさが大きいですね」と振り返った。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本は1人目の南野がいきなり失敗。2人目の三笘も左に蹴ったがセーブされ、連続の失敗となった。クロアチアは2人連続で決め、崖っぷちになるが3人目の浅野は決めた。するとクロアチアの3人目が外し、権田はガッツポーズ。しかし4人目の吉田が止められ、万事休す。クロアチアの4人目が決めて敗戦が決まり、日本のメンバーは涙を流した。

 試合後に涙を見せていた権田は、インタビューで「悔しさが大きいですね」と一言。「ベスト8に行くところを目指していたので、僕自身がもう一つやらなければいけなかった。その差だと思うので……すみません、あまりうまく喋れないですけど、日本のGKとして僕だけじゃなくレベルを上げていこうと」と語った。

 日本は4度目の挑戦でも、W杯ベスト8とはならなかった。権田は「この4年間もできる限りのことをやってきたが、足りなかったという現実がある。4年後にベスト8、ベスト4のチームのゴールキーパーになれるように」と前を向いていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集