[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫だけじゃない PK獲得、同点弾取り消し…米メディア注目の「議論呼んだ5つのVAR判定」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日にグループリーグ(GL)の戦いが終了した。優勝候補の敗退、アジア勢の躍進など話題も多いが、それと並んで今大会注目を集めているのがVARによる判定の数々。米メディアは「議論を呼んだW杯での5つのVAR判定」といった記事を掲載。スペイン戦で日本の三笘薫によるクロスも含まれている。

三笘薫【写真:Getty Images】
三笘薫【写真:Getty Images】

カタールW杯グループリーグで話題となったシーン

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日にグループリーグ(GL)の戦いが終了した。優勝候補の敗退、アジア勢の躍進など話題も多いが、それと並んで今大会注目を集めているのがVARによる判定の数々。米メディアは「議論を呼んだW杯での5つのVAR判定」といった記事を掲載。スペイン戦で日本の三笘薫によるクロスも含まれている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 W杯にVAR制度が完全導入されたのは前回2018年ロシア大会。そこから進化を遂げ、カタール大会からはAI(人工知能)を活用してオフサイドの判定を補助する「半自動オフサイドテクノロジー」が採用され、つま先や腕一本だけでも厳密にオフサイドがとられるシーンが続出している。

 とはいえ“機械の目”が正当さを訴えても、見る角度などによって微妙なものがあるのも確か。最終的に判断するのは人間の目ということもあり、選手だけでなくファンにとっても納得するのに時間がかかるケースも少なくない。

 米メディア「インサイダー」は「議論を呼んだ5つのW杯でのVAR判定:日本のボールキープやウルグアイのハンドなど」とった見出しで記事を掲載。その中で「日本は見事な逆転劇でスペインを2-1で下した。首位通過で決勝Tに進んだが、この勝利にはある議論を呼んでいる」とし、E組日本のGL最終戦だったスペイン戦で三笘の折り返しがゴールラインを割ったかどうかについて触れられている。

「テレビカメラの映像では完全にアウトだが、VARでは(上空から見た)ボールはライン上にあるということで、ミトマが触れた時点ではインプレーということになった」

 同メディアは「今大会で物議を醸したVAR判定は、これだけではない」として他の4つの事象も紹介。クロアチア―ベルギー戦での「オフサイドのためペナルティー取り消し」、チュニジア―フランス戦の「オフサイドのため同点弾の取り消し」、ポーランド―アルゼンチン戦の「メッシがファウルでPK獲得」、ポルトガル―ウルグアイ戦の「ハンドでペナルティー」を挙げている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集